同じ飲食店と言っても
“ひとまとめ”ではない。


飲食店は他の「業種」
違い多くの「業態」
あります。


ラーメン
うどん
そば
フレンチ
イタリアン
焼肉・・・
と数えたらキリがないです。


同じように客単価も違います。


イタリアンとラーメンでは同じ飲食店と言いながら
商品、提供スタイル価格どれを取っても
同じではないです。


一つだけ同じなのが飲食店と言う名前だけです。


これらを踏まえると…


集客方法や利益の取り方
つまり戦略そのものが
業態で変わってきます。


例えば
2000円くらいの客単価のお好み焼き屋


7000円くらいの客単価のイタリアン


同じような販促をしても
集客自体が難しいですよね。


客単価が2000円くらい
であれば、、、


お客さんは財布の中身を
意識しなくても来店しやすい
です。


なので、チラシを撒いたり
ラインなどを使った方が
集客しやすいです。


そして、できるだけ来店機会を多くするように
イベントなど開催すれば自然と売上が
上がっていきます。


このようにお客さんの動向を常に見ていないといけません。


グルメサイトも集客はできます。


が、


グルメサイト単体での販促でなく
できるだけ組み合わせて下さい。


チラシでもインターネットでも
新規客が来たら必ずお客さん情報
(リスト)を取ります。


このリストを元に次回の来店を
ご案内すればいいのです。


では、


客単価7000円くらいのお店
何が違うのかですが、、、


まずお聞きします。


あなたが1週間の間
7000円を払って外食を
何回しましたか?


間違えてほしくないですが
一人7000円くらいです。


人によってゼロもあると思います。


そこを踏まえてなんですが
チラシを配るにしても
近くだけに配り過ぎていませんか?


さっきも書いたんですが
1週間の間7000円を
外食に使える人って
限られていますよね。


つまり近くだけ配るチラシでは
全体から見ると低い来店確率
なってしまうんです。


もし、チラシを配るなら範囲を
広げていかないと集客そのものも
難しくなります。


「じゃー集客できないじゃないか!」
と言うかもしれませんが
この話は続きがあります。


インターネットを使って
集客することです。


インターネットの特性として
店の周りだけにお店の情報を
配信するわけではありません。


世界中どこにいても
ネットが繋がれば
お店のHPにアクセスできます。


つい先日も、愛媛県に行きましたが
インターネットを使いその場で
東京のHPを見せてコンサルをしました。


つまり
沖縄県のお店が東京のグルメサイトに
載せていても
お客さんが旅行の時に
来店してくれるかもしれないです。


これがラーメンとかだと弱いです。


900円の食事に対して
ワザワザ訪れようとするのは
ラーメンマニアくらいだからです。


逆に・・・


客単価が7000円くらいのお店は
これを利用する手はないと思います。


さっきも書いたんですが
店の近くでは7000円くらいを
何回も払えるお客さんが少ないんです。


インターネットを使えば
その心配、無くなります。


何度も紹介をして
あなたも耳にタコが
できていると思います。


私のオススメは「グルメサイト」を使うことです。


なぜ、グルメサイトを
小林がこんなに押すんだろう。


・・と不思議に思ってます?


「グルメサイトの回し者か!」
なんて思わないでくださいね。


私は結果の出ていることしか
言いません。


グルメサイト推す理由は
今なら単純に集客ができる
からです。


まとめると
客単価が低めの2000円くらいの
お店は近くのお客さんから集客をして
来店頻度を高めると上手く行きやすいです。


逆に客単価が7000円くらいのお店は
近くではなく、大きく商圏を広げるように
集客をしてみてください。


両者ともお客さん情報(リスト)獲得は
必須です。


そのリストを元に次回来店の機会を
作ってください。


このように
客単価をどう設定するかで
あなたのお客さんの行動
変わってきます。


そこを意識して販促に
取り組んでください。


今日の話を読んで
・これ参考になった
・これが良かった
・これやってみよう
と感じた方は
ぜひ感想を送ってください。


それでは頑張って下さい!