小林です、


お金は貯めるより使い方


このタイトルにギクっと
しませんでしたか?


私は自分で書いていて
ドキドキしています。


お店を経営していると
お金を頂いたり払ったり
機会が大幅に増えます。


何か商品を買うときに
お金を使い商品、サービスを
手に入れる。


当たり前のことだと思います。


でもよく考えて欲しいんですが
お客さんから頂いたお金。


あなたはどのように使っていますか?


家賃の支払い
スタッフの給料
販促費
仕入れ業者さんへ支払い
光熱費



そしてお店によっては借金返済
だと思います。


仮になんですが・・


全ての経費の支払いが終わったら
残りのお金をどうする予定ですか?


運転資金として取っておくのが
多いと思います。


しかし、その主義では
経営状況が良くなるどころか
貯めたはずのお金がドンドンと
あなたは知らぬ間に減る一方になる。


と言ったらどう考えますか?


私はある程度までは
上記に書いたようにしますが
残りは頃合いを見て
投資に回しています。


そうでないと稼いだお金が凍りついてしまい
身動きが取れなくなります。


投資と聞いてアレルギー反応を
してしまう店主が多いです。


そんな思い切った事ではないです。


投資と言っても怪しいことでなく
100パーセントお店の将来
考えての投資です。


普段あなたも投資をしているんですよ。


例えば
エアコン修理や買い替え
人材募集の広告費用
集客のための経費
高額なドリンクの仕入れ


すべてはお店の行く末を
気遣っての投資ですよね。


売上金の一部を投資に回して
今以上に利益を増やす事が
経営です。


なぜこんな話を書いたかと言うと・・・


あなたは違うと思いますが
飲食店全般で投資に対して
もっと知識を得て欲しいと
感じたからなんです。


例えば


私もあなたに対して
記事をアップしている理由の一つが、
読むことであなたの学びとなり
売上を上げてもらうことです。


そして私のコンテンツやコンサルを
販売した時に買ってもらうために書いています。


投資にも色々なジャンルがあります。


例えばさっき書いた
エアコンを買い替える投資


この投資そのものが。


数年にも渡って使い続けて
投資分(支払った分)が
やっと帰ってきます。


スタッフ確保の投資ですが
動けるスタッフを見つけるのは
難しいです。


従って人材を募集する投資関係は
回収するのに時間がかかります。


私がたまに販売するコンテンツ系も投資です。


が、しかし。


あなた自身の知識となり
そこから学びとります。


その結果。


知識からお金に交換できる能力
身につきます。


なので、投資以上のことが
起こりやすくなります。


これを投資の世界では
「レバレッジ」
と言います。


レバレッジとはテコの原理の略です。


少ない資金を使い大きなお金を手にする。


すごく当たり前の事です。


簡単にいくつかあげたんですが
これはどうですか?


物に投資
人に投資
知識に投資


今後あなたのお店の利益が出たときに
考えていなければ持続できません。


私は上記の投資の中でも。


これから5年、10年、生涯に渡り
商売を続けていく上で必要な事は
「知識」だと思っています。


あなたはどう思いますか?


言い忘れたんですが
お金をいくら持っていても
お金自体は何も生み出しません。


お金を使うことで得られる“価値
の方が何倍もあなたの幸福度が
高くなります。


日本はタンス預金が凄いらしいです。


投資と消費は全く違います。


海外に目を向けると
お金を溜め込んでいる人を
見つける方が大変です。


お金は水のようなものです。


自分から水(お金)を
市場に流せばその水が
何倍にもなって
あなたの元に戻ってきます。


なので、投資に対して
悪い反応をしない方が
あなたの元にドンドンお金が
集まってくるでしょう。


今日の話少し難しいかな・・と
思いながら書きました。


参考にしてみてください。


それではまた!