小林です、


安売りは他にやって貰えばいい。


私は常々あなたにお伝えしている事が
あります。


価格を安くしないでください。


「小林さん、
もう耳にタコができるほど聞いていますよ。」


と言われそうですが言わせてください。


このように何度もお伝えしているのには
実は訳があるんです。


安売りにあなたが慣れてしまうと
あなた自身が頭を使うことを
できなくなってしまうからんです。


安売りつまり割引は誰でもできる方法です。


正直ウチの小学校2年生の子供でも考えつきます。


つまり…
誰でも考えつく方法は
他の人も必ずやります。

例えば
あなたがラーメンを正規の価格の850円から
700円に値下げしたらどうなるでしょうか?

それをあなたのライバル店が見て
あなたの価格の700円よりも
もっと安く売るバカが出てきます。

そして価格競争に突入していきます。


価格競争は会社の規模で勝敗が決まってしまいます。


本当の価格競争の意味を
知らないために一生懸命仕事をしてしまう。

 

そんなお店ばかりです。


価格を下げて集客する方法は
大手チェーン店が取る方法であって
私たちのような中小規模の会社が挑んでも
到底勝ち目はないんです。

ではどのようにあなたは考えればいいのか…



お客さんは購入しようとする商品、
サービスの価値が支払う金額よりも高い
感じた時に買おうとします。

売る方法は2つあります。


一つ目は
支払う金額を安くする(値引き)

もう一つは
商品、サービスの価値を高める。


初めの方法はすでに理解していると思います。


だからもう一つの方を私たちは頑張って
頭を使って考えればいいのです。


こういうと必ず
「そのやり方だと原価が高くなって
利益なんて取れなくなっちゃいますよ」
と言われます。


このまま読み進めてください。
答えが書いてあります。

 

価値には2通りあるんです。

・絶対的な価値
・お客さんが感じる価値

絶対的な価値はお店側が
ペペロンチーノ 1000円
と決めた価値の事です。


対してお客さんが感じる価値とは
お得感や商品注文(購買)しなかったら
損だよね、と思う事です。

つまり価値観です。


買う側が感じる価値は
売る側の価値と一致しないんです。



それよりも
お客さんが感じる価値が
絶対的な価値を上回った時
注文購買が起こるんです。


という事は、、、


お客さんの価値を高められれば
原価が同じでも高い価格
設定できるんです。

ここで問題があります。

どうすればお客さんが感じる価値を
高めることができるのか
です。

あなたが価値を高めるには
どうすればいいのかですが


例えば
餃子を3皿分買ったら1皿分無料!
これって25%割引のことですよね。

しかし、餃子が25%オフとは書かないと思います。

なぜなんでしょうか?

25%オフと書くよりも
「一皿無料!」
と書いたほうが


お客さんが感じる価値
高くなっているからんです。


それともう一つ
よくテレビ通販で


このテレビを買うと
おまけで〇〇もお付けします!


このような場面よく見ると思います。

この方法で儲かるのかよ!



と、もしあなたが思っていたら
商売の原則を見逃しています。

 

なぜおまけをつけて販売するのかですが
単純におまけをつけたほうが
買ってくれる人の数が多いからです。

 

売上高が高いから
おまけをつけて販売しているんです。

 

つまりおまけは絶対価値以上に
お客さんが感じる価値が高くなるんです。

 

あなたも今の商品の価値を高めるために
何か考えてみてください。

 

ここで頭を使わないと単純に
25%オフとか40%オフ
なってしまいます。

 

数字を変えれば済むので
頭を使わないで済むからです。

 

これだと一向に儲からないんです。


そして価格競争に突入して
消耗戦になってしまうんです。

 

安ければ売れると考えているから
頭を極力使わないようにしてしまいます。

 

このような考えは他店にやって貰えばいいんです。

 

私たちは頭を使い
価値を高めていけばいくほど
お客さんが来店してくれる事になります。

 

慣れていないと頭が痛くなるかもしれません。

 

私も初めはずっと頭が痛かったです。

 

あまりの痛さに頭痛薬を常に飲み続けて
考えていました。

 

ここで頭を使わないと
他のお店と同じになってしまう、と思い
必死に頭痛薬を飲みながら価値を
高めていったんです。

 

ぜひあなたも安易な値下げをせず
頭に汗をかいてください。