小林です、

一つの行動は100回の思いに勝る。

よく「行動してください。」
と、どのコンサルも言っていると思います。

 

セミナーでお会いした時も
伝えているのですが
中々行動できない人が多いようです。

 

行動できない方の特徴はこのように聞いてきます。

「自分の業界に当てはまるのでしょうか?」

「私の業態で実績はあるのでしょうか?」

 

私は、あえて
「当てはまりません。実績もありません。」
と言うようにしています。

 

なぜなら
結果が出る出ないというのは無関係なんです。

 

大事なのは人の心の持ち方で決まるからです。

 

そして、行動せずに今の現状しか見えていないから
そのような事を口走ってしまうのです。

 

そして行動しない人は言い訳ばかりを考えています。

 

「以前やっていたけど、あまり効果がないです。」

「うちの業態では小林さんとは違うから
使えないんです。」

 

悲しいですよね。

 

一方結果を出していく経営者は

「小林さん、こういう事を考えているんですが
どのように思いますか?」

と聞いてきます。

 

どう違うかこの記事を読んでいるあなたは分かりますか?

 

行動する事が前提で聞いている

事なんです。

 

世の中には成功者がたくさんいます。

 

現在は一部上場企業になっていますが
はじめは一部どころか物凄い零細企業から
スタートしています。

 

あなたにとってスケールが違うと思いますか?

 

そんな事はありません。

 

そしてはじめから成功したわけではないし、
そんな人はいません。

 

なぜ会社が大きくなったのか
それは失敗をベースに考えて
仮説検証を重ねていったから
成功したんです。

 

飲食店や店舗には当てはまらないと
いう意見もあると思います。

 

想像してみてください。

 

中華料理店やラーメン屋には
当てはまりませんか?

 

要は気の持ちようなんです。

 

ちなみに私は新しい取り組みを行う時間が非常に早いです。

 

これをやったら失敗する
なんて考えていません。

 

どうせ失敗するなら早い段階
失敗した方がやり直しがきくからなんです。

 

多くの経営者は人の失敗を
横目でそろりと見ても何も行動しません。

 

ひどいと人の行動を見ていて・・・

仮に成功すると
どうやったのかしつこく聞いてきます。

 

私はこういう人間にはなりたくはないし
どうせ失敗するなら自ら失敗して
学んでいきます。

 

その方が気づきが多いし、
人間的にも磨かれます。

 

少し話が逸れますが
経営者は生まれながらの経営者の方と
(2代目とか3代目と言います。)

自分でお店を持つなり起業して
経営している方がいます。

 

私は自分で起業したので後者の方です。

 

生まれながらコネも人脈もありません。

 

だから行動できるんです。

 

それに経営者という立場が
私の人格も育ててくれます。

 

七転八起なんです。

 

ぜひあなたは言い訳をしないで行動
してください。

 

行動しないと結果はわかりません。

行動しないと未来も切り開けません。

行動しないとお金も稼げません。

 

行動しないと潰れるのをただ指をくわえて
待っているだけです。

 

そしてその行動は小さな積み重ねなんです。

 

小さな一歩でもいいので歩いてください。