小林です、

 

はじめの[きっかけ]が最大の要。

 

私のお店は主に
インターネットを使って
集客をしています。

 

インターネット集客を始めた時は
右も左も分からなく
全く集客ができない日々が
続きました。

 

その時、奮闘したおかげで
今があると実感できるレベルまで
くることができました。

 

私が実際にお店の経営していて
最大の成功の要因は何ですか?

 

と、聞かれたら
「グルメサイト攻略から取り組んだこと」
と答えます。

 

実際問題、今もそうなのかというと…

私のお店は現在。

次のステージに登っています。

 

私はグルメサイトの“”のかかった人間ではないのですが、
正直に言うと結論はどんな方法であれ
集客ができればいいと思っています。

 

が、

 

これだけは
知っておいて欲しいんですが、

 

私のお店のあるエリアでは
チラシなどの紙媒体よりも
圧倒的にインターネットを使った
集客法に軍配があがる。

 

それだけです。

 

もしかして、
あなたは間違った認識
しているかもしれません。

 

食べログ集客が「良い」か「悪い」
二極化して考えていませんか?

 

私も含めクライアントも
インターネット集客の入り口は
食べログなどのグルメサイトでの集客です。

 

なぜかというと

今現時点で、
HPなどで集客するよりも
少ない労力で集客できるからです。

 

しかしグルメサイト集客だけで
終わることはありません。

 

店内で客単価アップのアイデアを
考えてお客さんの満足度、単価
上がるようにしています。

 

そして「お客さん情報」(リスト)
を教えてもらい後日、

DM、メール、ライン@などで
来店したお客さんと
接点を持ちながら
信頼を構築していきます。

 

この一連の流れで
売上を安定させているだけです。

 

 

あなたはDRMという
マーケティング手法を知っていますか?

 

私が行っていることはDRMを使って全て売上を上げています。

 

単純にWEBか紙か、

 

もっと詳しく言うと…

 

「オンライン」「オフライン」
どちらを使うか

 

それだけです。

 

では私がオフライン(紙媒体)
全くやらないのか?というと
そんなことはありません。

 

ここであまり紹介しないだけで
秘密裏で色々な集客方法
クライアントだけに教えています。

 

考えて欲しいんですが、

大前提として販促関係はお店の
「健康状態」次第でどの販促を
行うのが一番いいのか?

ということに気付けるかどうかで
そのあとの経営状態が変わります。

 

例えば
ある程度WEB集客で成功しているのに
本人はその事実を知らずに・・

「たまに平日がガラガラになる日がある」

という理由だけで、強いメッセージをWEB上に流す。

 

具体的に言うと
多くのお客さんが見ている
食べログのページやfacebookに

「返金保障があります!」
「無料でコレあげます!」

というメッセージを出すとします。

 

このメッセージを作れることは
素晴らしい、と思います。

 

果たして今のお店の健康状態から
考えて本当にこのメッセージは
必要なことなのでしょうか?

 

今の時点でWEB集客ができている
と言う場合は、

違う方法で集客をした方が
お店へのダメージも少なく
継続してお店を経営できます。

 

それにそんな“強いメッセージ”
出さなければいけないくらい
「俺の店はヤバイ」
宣伝していうようなものです。

 

多くの飲食店経営者は
変な情報に流され過ぎです。

 

返金保障がいいから俺もやる!
FACEBOOKで集客したほうがいい!
チラシを結果が出るまでやり続ける!
グルメサイトが絶対にいい!
…など

 

どれも素晴らしい“コミットメント”
だと思います。

 

しかし、
これで本当にいいのでしょうか?

 

私には情報を自分の都合のいいように解釈をして
無理に“元気づけ”をしている
ようにしか見えません。

 

今日はあなたにこの情報を
シェアしようか考えました。

 

多分あなたはまだ・・

 

食べログからの集客や
WEB集客の威力を実感していない
と思うので少しだけ
「秘密の数字」の一部を公開します。

 

私がなぜ食べログなどから集客を
しているのかが分かります。

 

知りたいですか?

 

本当にあまり公開したくないんですが
あなただけにコッソリ教えます。

 

それは・・

 

全て。

 

「お客さん情報」
をゲットするためです。

 

実は新規のお客さんの
「集め方」から他店舗とは違います。

 

どう違うのかというと、

自分のお店にとって
興味を持ってもらえそうな人に対して
メッセージを通して集客をしています。

 

なので、入り口だけを見ると
さほど客単価は高くないです。

 

私としてはそれはそれで
別に構わないんですが
食事が終わり帰る時になると…

 

お店に初めて来店して
ガチガチに固まっているお客さんが
帰る頃にはニコニコ顔に変わり

「いや〜〜旨かった、また来ますね!」

と言ってお金を払っていきます。

 

これを話すと変な誤解されてしまうので
戸惑いながら話すんですが・・・

はじめ食べログで掲示している
客単価は6000円〜7000円
です。

 

この単価でも
それなりにはいい、と思います。

 

しかし、私のお店はこの客単価では
まず終わることはないです。

 

私たちスタッフが真っ青になり
心配するくらいお客さんの方
お金をドンドン使います。

 

使いすぎてこちらが
ヒヤヒヤしています。

 

それで結果的に平均客単価が
13000円です。

 

ちなみに昨日の平均客単価は
23200円でした。

 

この平均客単価になったのは
ある」理由があるんですが
機会があれば話しますね。

 

それで…

 

私は自慢したいから客単価を公開しているわけ
ではないです。

 

食べログからのお客さんの
質が悪い、金払いが悪い、文句ばかり・・

と言う印象をあなたの“固定概念”なんだ
ということを知ってほしいから
あえて公開しました。

 

実際に私自身も立証しているし
クライアントも立証が出来ます。

 

「小林さんのお店は東京だからね。」

と思っている限り。

 

あなたのお店の客単価は
今後上がることはないです。

 

東京だからと思うのは
あなたのいる場所が平和だから
そのように感じているだけです。

 

実際、私のお店のあるエリアでは
新規開店しても大体2年で閉店する
店が多いです。

 

なので、このエリアの不動産屋
大家さんはメチャクチャ強気です。

 

不動産屋は飲食店に貸しても
すぐに潰れるのを見越しています。

 

仮に潰れてもその場所は
あっという間に借り手がつくので
手数料を2年ごとにもらえる
かなり美味しいエリアなのです。

 

大家さんも同じです。

 

飲食店にとってはかなり
熾烈な競争をしているエリアだと
これで分かってもらえたと思います。

 

そして競争が激しいと
どこのお店も同じことを考えます。

 

人が多いエリアだから
「集客数をのばせ!…」

 

その結果、地方では信じられないほどの
低価格で提供しているお店だらけ
になります。

 

私はそんなエリアで5年
もう直ぐ6年経営しています。

 

業績はおかげさまで
常に前年の売上をクリア。

 

それよりも大きいのは利益が
大幅にアップしています。
(純粋にお店からの利益です。)

 

私がこうしていられるのも
全ては食べログから始まる
グルメサイトから集客です。

 

そこからドンドン仕組みを
作り上げています。

 

なので、あなたが日本のどこに
お店があろうとも、

グルメサイトだけでなく
あらゆる方法で集客していけばいい
と思います。

 

でも集客を成功させるためには
その前にお店の「健康状態」
知らないと何から手をつけていいのか
見当がつきません。

 

今日はだいぶ長くなりました。

 

要点をまとめます。

 

食べログ集客は
あくまでも集客する手段。

 

お店の仕組み作りの方が大事。

 

販促をやる前にお店の健康診断をして
オンライン、オフラインの中で
どれから行えばいいのか考える。

 

最後に私が関わったお店全てで
食べログ集客をして“点数が下がった”
というお店は一軒もありません。

 

むしろ低評価だったのが高評価に
塗り替えられています。

 

なぜこんなに高評価のお店に変わるのか
ですが、

お店本来の力にクライアントが気づき
実践、改善を繰り返したからです。

 

今度はあなたの番です。

 

私の健康診断を受けたい方は
他にいませんか?

 

健康診断を受けたい方は
私にメールをしてください。

 

お待ちしています。

 

それではまたね〜〜〜!