小林です、


飲食業は立派な仕事だと思います。


多分あなたも私と同じ考えだと
思うのでこのメールやそして記事
レポートを読んでくれていると
思います。


これだけ色んな情報を出している
のですが・・・


飲食業のことをビジネスとして
未だに“捉えられていない
お店が多いです。


彼らをよく見ると
「はは〜〜ん、なるほどね!」
と思うことがありました。


何を思ったかというと
飲食業というビジネスなのに


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ビジネスモデルができていない
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ということです。


ビジネスモデルというと
カタカナで少し難しい物言いに
なってしまうので
分かりやすく説明します。


ビジネスモデルを一言で言うと
「儲けを生み出す仕組み」
のことです。


なぜ“儲けを生み出す仕組み”が
飲食業に必要なのかというと…


私があなたに今まで伝授してきた
集客方法、店内販売、リピート
があります。


これら3つの要素を
上手くパズルのように
組み合わせないと、


あなたのお店は
「儲けを生み出すこと」
はできないです。


例えば
今や世界で有名になっている
巨大企業ト○タ。


ト○タだって
「儲けを生み出す仕組み」
ないとあそこまで
大きくはできないです。


ソ○ーだってそうです。


世間を賑わしている○芝などは
一昔前のビジネスモデルを
ずっと使い続ていました。


そこおかげで赤字経営に陥り
株主を騙す行為をしていました。


つまり犯罪です。


今、テレビやラジオなどで
悪い話題をバラ撒いている会社の多くは、


古いビジネスモデルにぶら下がり
新しくビジネスモデルを構築しなかったのが原因
と言われています。


ビジネスモデルの構築をどのように行うのかで
会社の明暗がハッキリと分かれていきます。


「小林さん、有名な企業の話は分かりました
どうして僕にそんな話をするんですか?」


「大きすぎてイメージがつかないです。」


まぁまぁ、慌てないでください


この後に説明するので読み進めてください。


私がなぜ大きな企業の話を出したのか
というと理由があります。


今は大企業と言われ従業員何千人と
抱えていても創業当時とか昔は、


私たちと同じ規模からビジネスを
スタートしています。


小さい規模の時に強固なビジネスモデル
作り上げたからこそ。


上記に挙げた会社は
あそこまで大きくできたのです。


飲食業を経営していて
大きなビジネスを望んでいる人も
少ないと思います。


なので分かりづらいかもしれません。


が、しかし、


今は大きいと言われる大企業も
ビジネスモデル
(儲けを生み出す仕組み)
があったから長期的に会社を
維持することができたんです。


飲食業も同じです。


儲けを生み出す仕組みのないお店
ことごとく潰れていっています。


理由はお分かりですよね!?


仕組みができていない…と
いうか、作ろうとしないから
その日暮らしの考えだからです。


残念ながら潰れていくお店を見ると
料理やサービスは素晴らしいお店
ばかりです。


提供する商品がいくら良くても
「儲けを生みだす仕組み」がないと
すぐに経営が圧迫されて潰れてしまいます。


そんじゃーまたね!