小林です、


中毒からの脱出方法。


私は基本的に割引クーポン
集客することに対して
オススメしていません。


と、いう話をいつも他の記事などで
お伝えしています。


が、


残念なことに・・・


まだクーポン集客をやっている
お店があります。


食べログには多くのお客さんが
サイトに訪れますが、


あなたのお店でクーポンを
やっていると来店するお客さんは
あなたのお店の価値を分からずに
クーポンを使用することになります。

 

この事実が理解できず
「リピートしない…」
悩んでいるお店多いです。


今の現実を直視できていないから
不安に駆られて「クーポン連発」
集客しようと考えるのです。


クーポン集客をしないと


・不安で仕方がない
・お客さんが来ない
・若いお客さんが多いから必要
・友人の店もクーポン出している
・発行してもどうせ使わない



これを“クーポン中毒”と
言わなくて一体・・
なんというんでしょうか?


しかし、クーポン発行に対して
否定的な私ですが実は
使うときもあります。


クーポンを発行すると言っても
かなり限定的です。


知りたいですか?


あなたが現在
クーポンで集客しているならば、


この記事を読み終わったら
クーポン発行を「ヤメる」
誓えるなら、


この先を読んでください。


もし誓えないなら
この先あなたは儲けることができない
と思うのでここで記事を
閉じてください。


心の準備はできましたか?


それでは始めます。


その前に…私が


なぜこんなにクーポンに対して
否定的なのかというと、


クーポンを使うお客さんを
集めている限りお店の経営は
良くならないからです。


前にも話したと思いますが
クーポンの発行は大手もしくは
チェーン店が行う集客手法です。


大手は割引したところで
対して痛くないです。


全国規模で何百店舗もありますから。


なので、トータルで利益を出すこと
ができます。


対して中小個人店は・・というと
大手ほど資金はないです。


仮にクーポンを発行しても
その場しのぎの売上になるだけです。


その後はどうなるかというと
経営が苦しくなります。


経営が苦しくなると再び
クーポンで集客しようと考えます。


値引きばかりしていて小さいお店は
一体どこから利益が出るのでしょうか?


利益が取れないから経営が辛くなる。


辛くなるからクーポンを発行する。


これを繰り返していて
どこでお店の業績が
良くなるのでしょうか。


悪循環です。


ピンチだ!と思ったら
こちらを読んでみてください。


この話何度もしているので
『もうそんなこと知っているよ!』
と思うかもしれませんが、


私が何度も同じことを
繰り返し伝えるのは、


あなたにとって「重要」なこと
だからです。


では本題です。


クーポンを発行するときは
使い方を限定させることで
大きな成果を生み出すことができます。


私がやったこと、
クライアントに教えたことを
合わせると全部で3つあります。


特別にあなたにシェアします。


それでまだ不安だと思うなら
麻薬に侵されているかもしれません。


今すぐ治療が必要です。苦笑


これから書いてあることをじっくり読んで
麻薬の治療をしてください。


それでは始めます!


1)お詫びクーポン


飲食店は急に満席になったり
ガラガラになったり…と


その日の天候などで
客入りが変わりやすいです。


仮にその日は満席で
お客さんが更に来店して
席がない時。


お詫びクーポンとして配ります。


なぜ配るのかというと、
クーポンが有る無しに関わらず
あなたのお店に来店してくれた
お客さんだからです。


今後、あなたのお店にとって
大事な顧客になる可能性が高いので
お詫びクーポンを発行して渡します。


2)チラシなど販促物の効果測定


あなたはチラシを作成していますか?


チラシで集客をする場合
そのチラシの反応がどのくらいあるのか
計測するためにクーポンをつけます。


チラシに関しては
機会を見て話そうかなと思います。


3)DMに使う


ダイレクトメール(DM)
お客さんに出す時に感謝の意味を
含めてクーポンをつけます。


DMと言いましたが同じ方法で
メールでもライン@でもできます。


お詫び、効果測定、感謝
以上のような目的がある時だけ
限定的に使うようにすると
地域で一番安定した経営を
することができます。


間違っても冒頭で話した
単純に割引のためのクーポンは
発行しないことです。

 

それではまたね〜〜!