小林です、


今は飲食業界でも
インターネットの時代です。


インターネットをお店側が
どう使いこなすか、で
業績が大きく変わっていきます。


一般的に飲食店は“立地商売”
言われてきました。


それは今も確かな事実だと思います。


中小個人店が駅前の高額物件
お店を出すのは難しいです。


無理をして駅前に店を作りますが
その多くはことごとく潰れていきます。


そんなこともあり今は
高い家賃を払う都市部や駅前ではなく
主要駅から少し離れた場所。


地方都市にある飲食店の方が
都市部のお店より繁盛している事例を
特に多く見かけるようになりました。


地方の飲食店の勢いは凄いです。


中には「この場所で大丈夫なの!?」
と思うこともあります。


彼らはどうして立地が悪い場所で繁盛店
できるのかというと・・・


インターネットを使いこなして
集客をしています。


ブログ、グルメサイト、FACEBOOK
LINE@、PPC、youtube…


これらを上手く組み合わせて
立地の悪さをカバーしています。


私のクライアントでも
地方都市の方がいます。


その方は僅か1ヶ月で売上を1.4倍まで
アップさせることに成功しています。


今後が楽しみです。


この記事を見て
「よし俺も!」と思ったあなたは
“いい感”を持っています。


実はここだけの話ですが
都市部よりも地方都市の方が
ネットで集客しやすいです。


なぜかというと、
都市部はお店の数が異常に多く
競争が物凄いです。


その分お客さんも多いのでは?
思うんですが店の数が増えすぎて
今や飽和状態にあります。


そんな状況なので都市部の飲食店は
ネットで何とか集客しようとします。


なので、都市部では今以上に
ネット集客競争が加熱することが
予想できます。


一方、地方都市は都市部と比べて
競争相手が現時点であまりいません。


仮に競争相手がいてもネットに対して
あまり知識がないです。


ということは、あなたが少しだけ
ネット集客を強めれば
たちまちお客さんが来店することに
なります。


そんな経緯をあって私は
ネットで集客するなら地方の方が
今はいいですよ!と言っているんです。


あなたも立地の悪さバネにして   
ドンドン集客をしてください。


今日も頑張っていきましょう!

応援しています