小林です、


今年は稀に見る台風の当たり年でした。


都内にいると他店舗をよく観察できるんですが…


普段営業している筈のお店も
臨時休業をする飲食店が
多いようでした。


このように天候によって
売上を大きく左右されてしまうのは
個人で経営している飲食店の大きな特徴だと思います。


それを踏まえて・・あなたに質問があります。


悪天候や不意なことでお客さんが
半減してしまう対策をしていますか?


私はと言うと・・・しています。


なぜ対策ができるかというと
店舗経営のルール
知っているからです。


例えば
私は先日。


義理の妹の家に家族で遊びに
行きました。


その時、6歳になる子供達とボードゲームをやりました。


「すぐに覚えられるからやろうよ!」
と甥っ子に言われて始めたんですが
全く勝てませんでした。苦笑


なぜ勝てなかったのかというと
次々と知らないルールが出てくるので
全く分からなかったからです。


手の内にある道具の使い方も
分からず・・・


あっという間に負けてしまいました。


甥っ子にはそのあと・・


「どうしてこれ使わなかったの?」
言われて困ってしまいました。


私はこのゲームが
どうやったら上がれるのか
または勝てるのか知りませんでした。


そしてこのゲームをした結果。


ゲームが終わってから初めて
このゲームのルール道具の使い方
知ったんです。


私がやったゲームが
もしお店だったらどうですか?


お店は潰れています。


ゲームが終わってから初めて
ルールや使い方を覚えても
意味がないんです。


つまり店舗経営も同じでお店を経営するルールや
販促のやり方が先に分からない
競合店との土俵に乗ることすらできないのです。


お店を経営するルールとは
一体なんでしょうか?


「美味しい料理を作り続ける」
「お客さんを笑顔で迎える」
「誠意ある対応を心掛ける」
…など


どれも良い答えだと思いますが
でもルールではないです。


ルールを知らないお店は多いです。


お店の経営で言えば、


経営のルールを知らないで
「ボードゲーム」をやった私と
同じです。


ルールを知らないで
「お客さんを満足にする」
と言っても意味がないです。


ゲームを始める前、
または今お店を経営している時に
軌道修正してルールを知らないと
後の祭りになってしまいます。


多くの経営者は
経営や販促のルールを知らないため、


お店の経営状況が悪化する度に
人のせい景気のせいにします。


それでは一向に経営状況も良くならないし
売上だって上がってきません。


なので、あなたはお店を経営維持していく
ルールを知ってください。


知らないで販促をやっても効果はありません。


今日の話、考えてみてください。


ではまたね!