小林です、


さっきとても悲しいことがありました。


先日、あるセミナーの募集をしてました。


とても実績が出ていて内容もいいセミナーです。


参加を決意したオーナーの中で一人だけ
最後のクレジットの支払いに
つまづいてしまった方がいました。


決済をカード払いでしたところ
うまく他が稼動しなかったようです。


私のところにメールが来て


「小林さん、カードでなく銀行振込を分割に
変えてくれませんか?」


と、頼まれました。


私の主義は
「銀行振込は一括払い」
決めています。


でも、このオーナーさんの熱意に
共感をして


「分かりました。いいですよ。」
と、メールを返信したんです。


多分・・・
私のメール送信ボックスには送信済みに
なっていたので
メールは届いていると
思います。


しかし、銀行には支払い期限
1週間過ぎても入金はないです。


間違えたのかな・・・と思い
再びメールをすると。


「やっぱり参加するのやめました。」


と言われたんです。


この返事を聞いて悲しくなりました。


もったいないです。


参加するのは本人の自由なので
どちらでもいいのです。


私は他のヤル気のある人に
声をかけていくだけなので…


それよりも悲しいと感じたのは


「あなたのやる気や決意はそんなもんなの?」


「本気で売上を上げたくないの?」


「ステージが変わるチャンスなのに?」


不思議で仕方ありません。


あなたにお聞きしたいんですが


===============
売上を本気で上げたいですか?
===============


もしあなたが「売上をあげたい!」
と思っているなら、
それは本気で思っていますか?


なぜこんなことを書くのかというと
本気で取り組むと言いながら
本音は売上を上げたくない人が多いからです。


お店の売上を上げるよりも
ネットサーフィンをしたり
facebookに料理自慢したり
お酒を飲みに行ったり



口では「売上をあげたい!」
言っていても行動が
売上を上げる逆をやっています。


そういう人は本気で売上を
上げたくないのです。


コンサルもそうです。


私のコンサルを
“受けるだけで売上が上がる”
と思っています。


私のコンサルを受ければ
売上が上がるようにアドバイスサポートはします。





それだけでは売上は上がりません。


なぜかというと、受けた人の本気度
“全ての責任は自分”とコミットする
の方が何倍も大事だからです。


いくら素晴らしい結果の出ている
ノウハウを提供しても、
何も行動しなけれ
結果なんて出ません。


私のコンサルを買ったことに
満足しているだけです。


例えば
ノウハウを買った事に安心してしまい
お酒に手を出してしまう怠け者が
結果の出ているノウハウを手にして
行動しますか?


しないと思います。


あなたの本気度決意がなければ
いくらいいアドバイス
ノウハウを提供しても
結果は出ないんです。


実践、行動していくのは“あなた”だからです。


先日もメールからの問い合わせで
パソコンの操作方法を
聞いてきた人がいました。


パソコンの操作方法などは
グーグル先生に聞けば
いくらでも出てます。


私も操作方法が分からない時は
グーグル先生に教えてもらってます。


〜〜〜〜
学習
〜〜〜〜
という意味知ってますか?


パソコンの操作が分からない
教えてください。


というのは「習」です。


つまりパソコン教室などの
習い事です。


対して
「学」という言葉。


学ぶと読みますよね?


販促方法が分からないから
習い事しますか?


しないと思います。


販促を実践しながら学ぶ。


そう、学び取る。


だから結果が出る。


さっきの話に戻りますが
パソコン操作が分からないなら
パソコン教室に通って習った方が
いいと思います。


あなたは「学・習」
どちらを選択して
自分のお店の売上を
上げていきますか?


考えてみてください。


それでは!


今日も夜の営業頑張ってください。