小林です、


“サボる”と繁盛します。


正しくは
「サボりたい」「楽したい」
と強く思えば思うほど
繁盛店に近づきます。


中小個人で飲食店経営している
オーナーさんは働き過ぎだと
思います。


自分は365日休まず出勤して
スタッフには週休2日を上げている
オーナーさんもいるほど真面目すぎるほどです。


自分を犠牲にしてお店を守る姿勢は
素晴らしい、と思います。


が、しかし、


それは“ヤリすぎ”だなと思います。


そのくらいあなたは
よく働いています。


ある時、私がどうしてそんなに
よく働くんですか?
と聞くと・・


「働かないと落ち着かないんです。」
と言っていました。


働くことはとてもいいことです。


しかし、働きすぎは肉体的にも
精神的にも家族の心配も大きい、
と思うので気をつけた方がいいです。


私たちは長いあいだ飲食業界で働き
業界ならではのノウハウを得て
独立開業をした人が多いです。


私も18歳にこの業界に入り
修行を開始しています。


朝から深夜まで働きっぱなし
人生を過ごしてきました。


お店を自分で開業して
2年目でドン底を経験しました。


毎月支払いに追われ続け
スタッフには愛想つかされ
家族とは不和になり毎日喧嘩



このような状態が続いて
健康管理どころでは
ありませんでした。


家にいても休まることはなく
店に来てもどうしていいのか
分からない・・・


店にいても
お客さんが来ない・・・


苦しいながらも一日中
働いた記憶しかありません。


当時はとにかく
今の状況を抜け出すために
必死だったんです。


なので、
「怠ける」とか「サボる」など
1ミリも考えた事がありませんでした。


肉体的よりも精神的
とてもキツかったです。


多分、このままの状態を続けていたら
体を壊し過労状態で病院送りになるか
長期鬱病を患っていたと思います。


私がこれまでお店を継続できたのも
「体を張って働き続ける」から
「サボる」「楽をしたい」
という考え方に大きくシフト
したからです。


あなたも長く飲食店を経営したいなら
考え方を改めないとダメです。


働きすぎるとそのうち体を壊すか
心が折れるかどちらかです。


もし今あなたが
苦労して働いているならば


「どうすればサボれるか」
「努力せずにできるか」


そして「抜け出せるか」
を考えてみてください。


それまでの自分でも驚くほど
予想以上のアイデア
見つけることができます。


サボりたい、怠けたい、楽になりたい
と、あなたに「欲求」があることは
悪いことではありません。


このように考えることであなたは
どうやって効率を上げるか
どのような仕組みにするのか
など利益を生み出すアイデアが
次々と浮かんでくると思います。


逆に毎日朝から晩まで
働きすぎている限り
このようなアイデアは
絶対に出てこないです。


「サボりたい」「楽したい」
という“欲求”
あなたが繁盛店になるために
必要なことだ、ということを
知っておいてください。


それじゃ、またねー!