小林です、


あなたは“負のオーラ”についてどう思いますか?


私は負に対して敏感に反応します。


負・・つまり“ネガティブ”ですね。


ネガティブに対して
どんな反応をするのかと言うと・・


例えば
昔の料理人仲間が集まっているとします。


その中で自分のお店のことを
自慢ばかりしているオーナーがいます。


そのオーナーは他人のお店よりも
自分のお店がいかに“素晴らしいか”
を周りの人に自慢しています。


このような場面に遭遇したら…


あなたはどうですか?


自分で自慢ばかりしている
オーナーと意地の張り合いしますか?


それとも黙って話が終わるのを待ちます?


私は真っ先に
「じゃーね!」
と帰ります。


なぜかと言うと
自分自慢している人は
ネガティブの塊です。


人の店の批判をして
自分がどんなに素晴らしいか
を言いたいだけです。


それに、このような発言をする人は
自分のお店は“繁盛”していない
ことが多いです。


そんなこともあり・・


私はいくら以前から知っていた
としても“負のオーラ”を持つ人とは
相手にしないし会いません。


私のことを「極悪人」だと
思いますか?


あなたがそう思うならそれでも構いません。


私のことを付き合いが悪くて
「悪い奴」と決めつける前に
これから書くことを読んでから決めてください。


ではなぜ私がここまで徹底して
会わないのかを説明します。


一言で言うと
「負のオーラは伝染する」
これが最大の理由です。


負のオーラを持っている人と話したり
近くにいるとどうしても
相手に合わせてしまうのが人間です。


そうするとどうなるのか…


自分も少しずつ
負のオーラに染まっていきます。


そして心が蝕まれていきます。


怖いです。


実はこの話ってあなたの周りにいる
親、家族、兄弟、友人、恋人…
全ての人間に言えることなんです。


例えば
あなたのお店に来店するお客さん
も同じです。


訪問コンサルをしている時
こんな場面をよく目にします。


オーナーは“客単価が上がらない”
と悩んでいるから相談しています。


でも、オーナー自身。


普段の外食は自分のお店よりも
安いものばかりを食べています。


実はこのようなオーナーのお店には
類似したお客さんが溜まります。


仮に、あなたはいつも行くお店に来ている
“お客さん”を見て、その時は
うちには来ないでほしい…と思います。


しかし、あなたが広告などで
集客をする際に。


どうしても自分の体験から逆算して
いろんなことを考え作成していきます。


だから・・あなたが作成した広告を見て
お客さんが来店するとどうなるか…


自分がよく行くお店に来ている
似たようなお客さんばかり
集客してしまうのです。


自分と金銭感覚が似ているので
お金は使いません。


本人は自分でそのようなお客さんを
呼び寄せていることを知らずに
「客単価が上がらない」
と言っていたのです。


よくある話です。


人は影響を受け簡単に変わってしまう
ものです。


逆に“いいオーラ”を持っている人と
付き合ったらどうなるでしょうか?


いいオーラとはポジティブ
捉えることができる前向きな考えです。


ネガティブの影響を受けるのと同じように
ポジティブも同じように周りに影響
与えていきます。


そんなこともあって、私は意図的に
後者の方を選ぶようにしています。


最近、定額課金が飲食店経営で流行っています。


定額課金なので集客に困っている
飲食店オーナーの財布に優しい価格が多いようです。


例えば
月間10000円の定額課金の
集まりがあったとします。


あなたと同じ経営に前向きな
オーナーが集まります。


以前からの飲食店仲間とは違い
経営に対しての意識は高い
と思います。


が、しかし。


もしその集まりの中で
負のオーラを持つオーナーがいたら
どうでしょう…


入会した本来の目的である
「前向き頑張ろう!」
段々と思えなくなっていきます。


あなたは経営に対して前向きに
“頑張る”と決めて入ったつもりが…


会員たちの中でネガティブな人が
いるとオセロの黒と白のように
ドンドンひっくり返されていきます。


では同じ定額課金でも高額ならどうでしょうか?


ネガテイブの考えの人は
殆ど入れなくなります。


なぜならネガティブ思考があるので
高額に対して否定的に捉えているからです。


私も超高額の会に所属していますが
どの会員さんもポジティブで
一緒にいるだけでとても勉強になります。


今日の話まだまだ続きがあるんですが
また機会があればもう少し詳しく話します。