小林です、


多くの店舗は繁盛しない理由の一つに
商品のクオリティー(品質)を挙げます。


私はクオリティー自体をアップする
ことに対して賛成です。


が、


繁盛するのが必ずしもクオリティーが
他の店舗よりも優れているからとは
思っていません。


今までは商品のクオリティーが良ければ
ライバル店よりも優位になったことは
確かな事実です。


しかし、今は逆に・・


商品のクオリティーに対しての
店主の「想い」が足かせになり
苦しい経営をしているお店が
多いなと感じています。


なぜこのように思うのかと言うと


商品のクオリティーが良いと


・お客さんがリピートする
・口コミが起こる
・マスコミに取り上げられる
・評判が上がる


とか思っているからです。


昔の私も同じように思っていたので
気持ちはとても分かります。


しかし、今の私の経験から言うと
これらは全て自分の“妄想”と言うか
“願望”だと思っています。


長くお店を経営していると
基本的にお店から出ませんよね。


店までの通勤か仕入れをする程度しか
外に出ません、


だから上記で書いたような
「商品のクオリティーが良ければ繁盛する」
と思いがちになってしまいます。


結論を言うと
料理など商品のクオリティーで
自分が思っているように表現できる
のはもう少し上のステージなんです。


どんなステージなのかと言うと
「お店が繁盛をしている」


これは最低条件となります。


繁盛が前提として
さらに店舗展開をやっていて
お店(会社)の気力、体力ともに
充実しているステージのことを
指しています。


この記事を読んでいるあなたは
まだそのステージではないと思います。


だからと言って焦る必要は全くないです。


俺はダメだ、と思うことはないです。


むしろ、商品のクオリティーを必要以上に
気にすることがないので販促活動
専念できます。


次に
なぜ繁盛しないのでしょうか?


その理由を一番に理解する必要が
あります。


あなたのお店は
元々繁盛していないお店ですか?


それとも


以前は繁盛していたけど
繁盛しなくなったお店でしょうか?


なぜこんなことを聞くのかというと
繁盛しない“理由”を探す為です。


仮に、あなたのお店の近くに


大きなショッピングモールができたとか


新しく道路が開通したとか


あなたのお店のあるエリアにおいて
外部の環境に変化があったなら分かります。


そうでなく1年前は繁盛していたのに
今は売れなくなったというのは
違う問題だと考えられます。


私の経験から言うと多くは
お店の存在をまだ“知られていない”
といったケースが多いです。


この問題の場合はとにかく
「知ってもらえる」ように普段以上に
販促に力を入れるようにすれば
自然とお客さんは戻ってきます。


そして集客からリピートまでの
仕組みをつくることで
少しずつ繁盛店になっていきます。


もう一つは少し難しくなりますが
お店がある立地エリアと業種や業態が
あっていないと言うことがあります。


例えば
田んぼのど真ん中で一軒家を改装して
フレンチをやっても難しいですよね?


実は私の先輩がこれと似たようなことを
やって失敗しています。


田んぼの真ん中でフレンチと聞いて


「先輩すごいな!」と思っていたんですが
わずか5年で潰れてしまいました。


彼には奥さんも可愛い子供も2人います。


これからもっと頑張らなくてはいけない時に…


私は残念で仕方ありません。


潰れるお店の客入りの特徴・・・ですが
いきなりお客さんがドカーンと減ることは
ないです。


ジワジワと減っていくので
本人はあまり気がつかないです。


まるでボクシングのボディーブローパンチ
のように少しずつ体力を奪っていきます。


考えてだけでも恐ろしくなります。


実は…途中で私が電話で話していた時に
このままでは本気でヤバイと思い


先輩に
・DMやってください!
・チラシやってくださいよ!
と言っていたんですが
本人はと言うと・・


「大丈夫だよ。
お前は心配性だな。」


「どうにかなるよ…」


と言われたことを今でも
ハッキリと覚えています。


大丈夫と思っていたのに
開業からわずか5年で閉店・・


これが現実なんです。


田んぼの真ん中にお店があるのが悪い
とかでなく「今とその後」
この2つの事に対して同時に対策する。


これがとても大事なんです。


つまり、どこにでもあるようなやり方では
繁盛をさせるのは難しいんです。


繁盛店にさせるために
これだけは知っておいた方がいいです。


「隠れ家」というフレーズを
あなたも聞いたことがあると思います。


隠れ家風で繁盛したら良いんですが
本当の隠れ家になってしまうお店の方が
多いんです。


いつかは自分の好きなことを形にして
悠々自適な商売ができれば良いですが
世の中そんなに甘くはないのです。


日本全国で今書いたことと同じように
お店を経営してしまい苦しんでいる
オーナーが多いです。


あなたのお店が置かれた環境は
どうですか?


一度よく考えてみるのも良いかも
しれませんね。