小林です、


私は何事も初速を大事にしています。


初めに意図的な“パワー”を出すことで
その後もスムーズにことが運ぶことが
多いからです。


お店でもそうだし、
プライベートでも同じです。


お店を経営する私たちにとって
の初速は…


開業の時、
そして年が変わる時です。


「年末年始。
うちは休まず営業します!」


と言うお店は素晴らしい
と思います。


世間のニュースでは連日
「年末年始を休もう。」
というスローガンを掲げて
大手チェーン店に体裁を
守ろうとしています。


私たち中小個人店は
その辺は関係ありません。


なので…


正月に大きな売上をドカーン
売り上げて1年の始まりから
ドンドン売り上げをあげる…


とてもいい考えだと思います。
(私は休みますが。。苦笑)


物事には“勢い”があります。


勢いを捉えることができるオーナー
がこの先の業績も伸ばし続けること
ができると思います。


あなたに質問があります。


年明け早々にお客さんが来店する
仕掛けをやっていますか?


もし何もやっていないというのなら
せめて「看板」だけでもいいので
新年のお知らせをしてください。


12月は他の月と違い
消費が活発になる月です。


1年でみたら一番売上がいい
そんなお店ばかりです。


しかし、多くのお店は
「12月は良かったけど
年が明けたらサッパリだよ。」
と言います。


なぜ年明けになると
客入りが悪くなるのか
考えたことってありますか?


私は12月の勢いを
消してしまっているためと
考えています。


12月の勢いをどのようにして
年が明けて…


1月、2月そして3月と
続けることができるのかを
考えて実行したお店は
年明けからグングン売上を
伸ばしていきます。


一方で…


『今年はよく頑張ったね。』
『お疲れ様!!』
と年末に騒ぎまくり。


12月が終わった!という
ムードのお店は…


年が明けて、


『さ〜〜今年も頑張ろう!』
…と


振り出しから
物事を考えていきます。


新年=ゼロスタート
という捉え方をすると
大変です。


勢いがすでに無くなっているので
先月の勢いを再び戻そうとすると
通常の倍以上に力が必要になるからです。


何となくは分かっているのに
多くのお店はそれをやってしまいます。


この記事を見て
小林さんの言っていることは
「その通りだ!」
と感じたら・・


ぜひ来年早々に初速を
つけられるように、


今、これから“種まき”を
しておいてください。


今蒔けば来年早々には
芽が出ているかもしれません。


その方が初速がつきます。


それではまたね!