小林です、


アップセルという言葉知ってますか?


マーケティングの用語です。


追加購入などで客単価を上げる
こんな意味です。


アップセルという概念
あなたのお店に
どのように入れていくかで
大きく売上を伸ばすことができます。


私も個人的に多くの飲食店で
食事をする機会があります。


その時いつも思うことがあります。


あ〜〜もったいないな…


お店のおすすめを教えてくれれば
注文しやすいのにな・・


こんな風に思います。


仮になんですが


入店して


「ビビンバください。」
と注文するとします。


多くのお店は
「はい、畏まりました。」


と、このまま素直に受けます。


この状況にアップセル
入れていくと
どうなるのか・・というと


追加で注文がもらえるような
“仕組み”を入れていきます。


つまりタダで引き下がらない、
ということです。


こんな話を聞いたことありませんか?


ドリンクの追加注文を取るときに
グラスの4分の1程度になったら
すかさずドリンクメニューを持っていく。


その場で断られても
時間をおいて再び聞きに行く。


実はこれだけで売上を
伸ばすことができます。


お客さんはその場では
またかよ!」と
嫌な顔をする時があります。


でもよく考えてください。


私たちの商売は
そのドリンク一杯を
頼んでもらえるかどうかで
売上が変わるのです。


なのに、
お客さんの顔色ばかり気にして
追加で注文をもらう事が
できないようでは
売上は上がりません。


それに、何も注文をしないで
長く居座られても困ります。


長くお店に滞在するのであれば
少しでもお金を落として
もらえるようにお店側が
何か考えておくべきです。


ちなみに…


今売れているダイニングバーや
居酒屋は店にいると
ガンガンとセールスしてきます。


「お客様、追加のご注文は
いかがですか?」


「本日は特に〇〇がオススメです。」


このようにサービスをしながら
セールスを必ずしてきます。


他の業種と違い店舗型はアップセル
比較的しやすい業種です。


この“特権”を使わない手はない
と思いませんか。


私は大いに利用しています。笑


忙しい時期こそ
アップセルの効果を最大にできます。


「アップセル」という言葉
覚えておいてください。


ガンガン売上を上げていきましょう!


あなたならできます。


応援しています。それでは!!