小林です、


はじめから突然なんですが…


あなたは予習をしてから
取り組む方ですか?


この記事を読んでいたり
セミナーなどに積極的に参加して
予習をしていると思います。


でも、問題があります。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
実践よりも習いになってしまう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


私からの情報から学んでいる
あなたは他のライバル店舗の
オーナーよりも確実に進んでいます。


しかし、少しづつ進んでいても


行動できない
実践できてない
落とし込めない
読むのが精一杯



こんな方が多いです。


例えば
チラシをやってください。


と言われてもチラシを作れないで
モジモジしている人がいます。


私は不思議に思い聞いてみると・・


「小林さんのやり方を教えてください。」


と言われることが多いです。


こんな時私は、


「まずは自分でいいと思うの物を
作ってみたらどうですか?」


と答えることが多いです。


質問してくれる方は
教えてもらおうと
思って聞いてきています。


しかし、多くの方は・・
仮に私が教えても


「ふ〜〜〜ん、小林さんの
やり方はこれか。」


「いいこと聞いてよかったな。」


このようにしか思いません。


「いえ!小林さん、私は違います!」


と言われそうですが
残念ながら人間の性というか
仕方がないと思います。


なぜ折角のアドバイスを実行しないのか
考えたことありますか?


答えは簡単です。


飲みに行って友達とワイワイやりたい
でなく…


「予習」したいからです。


お店を経営してるあなたが
“予習する”というのは
失敗しないで済む予習です。


考えて欲しいんですが・・


お店を失敗しない方法って
あると思いますか?


日本中にあるどこのお店を取っても
立地、業態、メニュー
スタッフ、設備…など


環境が同じ条件なものは
ありません。


これでも“100%失敗しない”なんて
あると思いますか。


ないと思います。


あなたが一番分かっているはずです。


先日こんな方がいました。


チラシが“良い”と聞いてやってみました。


でも気がついたら全部で100万円
失ってしまいました。


あなたはこれを聞いて
どのように思いましたか?


1)チラシはやめておこうか
2)チラシの結果を出している人を探そうか
3)どうしたらこんなに使えるのだろうか
4)ふ〜〜ん、俺には関係ないか


この中のどれでしたか?


1番を選んだ方は臆病すぎます。


2番を選んだ方はノウハウコレクターに多いです。


エセコンサルの言葉に毒されています。


どうして“毒”されているのかは後で説明します。


4番を選んだ方は“他力本願”すぎます。


人がなんでもやってくれるということは
その人に依存することに他なりません。


私はというと3番を考えます。


中小規模のお店が
100万円もチラシで失うなんて
通常は考えられません。


一回で100万円分をチラシに投入することは
できないと思うのできっと数回に分けて
取り組んだと想像できます。


これは私がすでに経験をしているから
容易に理解できます。


本人は行動を「とにかくしなくては」
と考えた結果だと思います。


がしかし、問題があります。


失敗をしながら
“軌道修正”をしていないのです。


実はこのようなケースで
大きな失敗をしてしまいます。


なぜ“軌道修正”しないのか…


コンサルの先生やネットに
書いてあったり言われるからです。


時間が大事です。
こうするだけでいいんですよ。
時間を買うつもりでこの通りやってください。
〇〇さんはこんな結果が出ています。


…など
どこにでも出てきそうな言葉です。


真に受けてしまうと
高確率で失敗します。


なぜなのか…


“予習”をしてしまうからです。


予習をしすぎて頭でっかちになり
いざ行動となると完璧にしようと
肩に力が入ります。


野球を思い出してください。


投げる練習をひたすら頑張り
本番に挑むます。


しかし、本番になると・・・


練習では完璧のはずなのに
本番では思うように投げられず


結局・・惨敗してしまう。


お店の経営も同じなんです。


練習をすればするほど
あなたはやっている気になります。


練習も大事とは思いますが
本番に上がるまでに
どのくらいの練習量が必要なのでしょうか?


相当の時間が必要です。


なので、私のおすすめは
まずはボールを投げてみます。


それから至らなこと、悪かったことを
修正して再び投げます。


これを繰り返すことで
「本番」に勝てることができます。


練習(予習)をいくらしても
前に進まなければ意味がありません。


練習はほどほどにして
どんどん本番をしてください。


そのうち気がつきます。


本番=練習
です。


私はそれでいいと思っています。