小林です、


心意気はいいんだけど・・


例えば
「ポップがいいですよ」
と言われれば


「とりあえず行動しよう!」
という心意気は素晴らしいです。


が・・


アドバイスをされた
表面上しか捉えていなくて
店内の壁一面に
ベタベタ貼ってしまう…


これではお店のコンセプトも
あったもんじゃないです。


壁に貼るのが悪いとは言いませんが
もう少し考えようよ・・と
思います。


精神論に聞こえるかもしれませんが
何事も表面上のことだけを真似して
「いいとこ取り」しようとしても
すぐにダメになります。


片方を動かせば片方は崩れていく。


私のお店の近くに
5店舗経営している
オーナーさんがいます。


今までは本店と呼ばれるお店が
ものすごくお客さんが入っていたので
あっという間に5店舗まで
増やすことができました。


しかし昨年にすべての店舗を
見ていた料理長が辞めてしまい
客足が途絶えています。


別のスタッフを入れたんですが
なぜか入れては辞めてしまいます。


オーナーはコンセプトが悪いのかな
と思ってお店のコンセプトを
入ったばかりの料理長に


「あなたが考えなさい」
と命令して考えてもらい
コンセプトを変えました。


ここからが抜け道のない
地獄の始まりです。


それまでは、前の料理長が
頑張って集客をしていたので
お客さんの数が少ない・・・


とは言ってもお客さんは
少ないながらも
集客できていました。


スタッフが変わっても
元々複数の店舗を経営しているので
お客さんは別に気にしていません。


むしろ“コンセプト”を変えてから
店へのダメージが増えていきます。


何が一番変わったのかと言うと
今までの来店していたお客さんが
全く来なくなったんです。


このオーナーさん複数店舗を
持っているので資金に
少しだけ余裕があります。


料理長に
「オーナー、これとこれ足りません。」


とせがまれると・・


新しい機材の購入したり
ピカピカのお皿や


触ると割れそうなくらい
極薄のガラスを使った
高級ワイングラスを購入しています。


そして今度はこう言われます。


「オーナー客席もこれでは
コンセプトから外れます。」


「だからこの椅子買ってください。」


と言われればオーナーは
分からないため
イタリア製ブランドの椅子を
購入します。


それから数ヶ月
新任の料理長の言われたように
機材に投資してコンセプトも新しく
スタッフも新しくしました。


「リニューアル」です。


これで客足が戻ると思っていたのに
今年に入り状況はさらに悪化…します。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
待てども待てどもお客さんは来ない
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


週末だけパラパラと席が埋まるだけ…


ちなみにこの店は客席が70席あります。


席を埋めるだけでも大変です。


思ったよりもお客さんが入らないので
次にオーナーは決断します。


「店舗(内外装)の全面リニューアル」
です。


この話を読んでみて
あなたはどう思いますか?


今の話はお店にいない店舗オーナーが
よくやってしまいます。


主力のスタッフが辞めてしまう

新しい主力のスタッフを入れる

続かず辞めていく

もう少しスキルの高いスタッフに
任せようとする

厨房機器、内装などを一部買い替えをする

コンセプトを変える

お客さんが前より入らなくなる

全面改装に踏み切る


よくある負けパターンです。


もしこのオーナーさんが事前に
経営のことを勉強したり
集客を自分で行っていれば
こんな大金を使わずに済んだ
と思いませんか?


そしてこのオーナーさんは
経営とか集客、マネージメントなど
面倒くさいことを嫌がっています。


つまり“いいとこ取り”だけ
しようとした結果が
少しの傷口だったことを
大きくしてしまっています。


傷口をこれ以上広げたくないなら
これがオススメです。


この話を読んで
「俺の店小さいから大丈夫だ。」
と思っていたらあなたは危ないです。


いいとこ取りには
大小の規模は関係ありません。


1つの店舗だけでも
経営を勉強するのが難しいから
手軽なその辺のノウハウや
ネットだけで済まそうします。


ノウハウも表面上だけ
真似しようとしても
すぐに次の壁にすぐにぶつかります。


経営に先延ばしは危険です。


あなたは気をつけてください。