小林です、


お店が今より売上を上げて
繁盛店に踊り出し安定経営を
していくことはとても必要です。


私はお店の繁盛店になるための経営に必要な
集客や販促などの方法、捉え方などをセミナーや
教材などでお伝えしています。


内容を理解して
しっかりと実践していけば確実に成果は出ていきます。


ランチ、ディナー関係なく
また悪い立地と言われながらも
一定の成果が出ています。


「成果とはなんですか?」


とよく聞かれます。


成果とは
あなたが望んでいることです。


例えば
店前看板からの集客数を上げたい
としたら…


その前にどんな看板を作成して
どのように行えばいいのかがわかります。


あなたが実行することで
店前看板から売上を上げたい
いう望んでいることが得られるというわけです。


成果とは必ずしもあなたが
望んでいることだけでもないです。


店前看板の例でいうと


集客力がイマイチだった
風ですぐに飛ばされてしまう
雨の日はびしょびしょになる
看板を道に置きっぱなしにできない
看板が目立たない
看板が思ったよりも小さかった
車に壊された

このようなことを望みますか?


誰もこんなトラブル望んでいませんよね。


しかし現実に起こることです。


100%あなたが望む結果になることは
稀だとここでは認識して欲しいです。


今は「販促」の例でしたが
「売上」に関しても同じです。


勘違いしてしまうのが
トータルで売上を上げたい
と思ってしまうことです。


とても大事なことです。


私もオーナーなので
よくわかります。


がしかし、、、


トータルで売上を見ることも
必要なんですが、


もう少し踏み込んで
どこを“改善”していけば売上に
繋がるのかを考えた方が断然
売上にはつながりやすいです。


要は細かく見ることです。


先日こんな話をされて驚きました。


「小林さんの言われた通りに
販促をして売上は上がったけど
もっと伸ばす方法はないんですか?」


とっても前向きな話です。


“すでに売上アップしているのに
さらに上げたい”


とてもいいことだと思います。


「ところで商品は
何を売っているのですか?」


と質問してあることに気がつきました。


“商品にパワーがない”のです。


あなたは売れない原因が“商品”と
聞いてどう思いましたか?


やっぱりな!
あるある!売りたい商品あるよ
これが自慢でうまいんだよね!

など


お店それぞれの意見がある
と思います。


残酷な話をします。


あなたが
「これを売りたいです」
とか


「これは絶対に売れる」
と思っている商品は残念ながら
そのままでは売れません。


なぜなら、
その商品の良さがわかるのは
あなた自身の目線だからです。


大事なのは“お客さん目線”です。


あなたのお店に来定したお客さんが
「これ欲しい」とか「これうまいんだよ」
など何かしら際立つ部分がないと
お客さんは気づかないのです。


なのに、販促の方が大事だ
と思ってしまい販促だけを
頑張り続けます。


想像してみてください。


あなたが雑誌などを見て
「これ美味そうな料理だな」
と思ってそのお店を探して
お店にいきます。


「写真で出てたこれください!」
と注文をして、


出てきた料理が写真と違っていたり
書いてあることと味や香りが違っていたら…


そのお店にもう一度行きたい
と思うでしょうか?


私は行かないです。


騙された感しか残りません。


すごく損した気分になります。


こういうお店がとても増えています。


販促活動はとても大事です。


ただそれは良い商品ありきです。


看板商品はないよりもあったほうが
絶対にいいです。


飲食店などお店は有形のものを
売ってその対価としてお金を頂いています。


髪の毛を切る前と切った後では明らかに
違いがあります。


分かりますか?


自信がない商品を並べて
これ買ってください。


と言っても誰も買いません。


そこで“販促の出番”にしてしまっています。


さっき書いたことを
思い返してほしいのですが・・


一度は来店してくれます。


販促活動によって…


2回目、3回目とまではいきません。


2回目、3回目と来店してもらわないと
経営は安定していきません。


販促活動はとても大事です。


しかし販促としてだけでなく
商品の質でも来店してもらうこと
の方が長生きできます。


この記事をお読みの方は
どちらかというと既に商品がある方
だと思います。


もう一度あなたのお店にある
商品を見直して欲しいのです。


商品は関係ないというのは
前提条件として“良い商品”
“自慢できる商品”
持っていることです。


すべての商品ではないのです。


なので、
「あなたの店がリピートしない」
「販促をしても反応がイマイチだ」


と感じているならば。


商品を変えてみるか、作り直すか、
見せ方を変えてみるか…


どれかを試みた方がうまくいきます。


ぜひやってみてくださいね。