小林です、

多くのお店は
「売上を上げたい」
と思っても…

上がらない、売上が足らないと
感じていることが多いです。

あなたのお店の何が足りていない
から売上が伸びないのか
分かりますか?

そうお聞きすると
なぜか多くの経営者は
“集客“と口にします。

もう一つ質問させてください。

なぜ集客が必要なのでしょうか?

これに応えられる経営者は
常に売上のことを考えていて
今の状況を抜け出したいのか、

もっと売上を上げて次の展開
考えているのか、

どちらかだと思います。

きっと私の記事やメールを
いつもお読みの方は売上を上げたいから
読んでいると思います。

ここでとても残酷な話をしなくては
なりません。

それが…

売上をいくら上げたいのか
明確にしていないと・・

売上を上げることは到底できない
ということです。

理由を説明します。

あなたも一度は耳にしたことがある
と思いますが「売上目標」という言葉。

それと「目標達成率」という言葉。

やったことはなくても
知ってはいますよね。

あなたのお店ではこれらを掲げて
日々営業をしていますか?

もし今の売上が十分でない
もっと売上が欲しい、と
思っているなら「売上目標」
立てた方がいいです。

世の中にある中小個人規模のお店は
ほとんどやっていません。

毎月呆然と
今月売上きついな。

もう少し売上欲しいな。
と思っています。

とはいえ多分…社長である。

あなただけは何となく「目標売上」
だけは頭の中にはあると思います。

あなた一人が目標を掲げても
スタッフを動かしていかなければ
売上を上げることはできません。

なので、売上を上げる大事なポイント
はスタッフの前で目標を掲げることに
あるのです。

「今月の売上目標は〇〇円だ!」

「この目標売上を達成するために
頑張るぞ!」

と目標を掲げて全員一丸となり
目標を達成していく。

これはどこの大企業でも
行っていることです。

漠然と売上を上げたい、と
思っていると全てがモヤモヤした
漠然とした状況になります。

「売上がいくら欲しい。」

「売上が後〇〇円必要だ。」

と決めてそれに向かい行動する。

これだけで今の状況を劇的に
改善することが可能です。

自分の価値をあげたいとか
ブランドにしたい。

と思っている方が多いですが
それらも目的のためと言えるでしょうね。

…と、ここまでの話をセミナーなどで
お会いした時にしますが、
誰一人として目標を掲げて
やろうとしません。

もったいないことをしています。

売上を上げるということは
セールスをしなければ
売上は上がりません。

飲食店は常にセールス
しています。

メニューブック
サービス
POP
周りの雰囲気
…など

あなたは気がついていなだけで
普通にセールスしています。

だから、自信を持って
セールスしてください!

そうでないと売上は
上げることはできません。

これらも私が常に提唱している
「攻めの店舗経営」の一環だと
思っています。

今日はこれからセミナー参加者と
懇親会をやるのでここまでにしますが

もし「お店の売上をもっと上げたい!」

このように思っているならば
まずは売上目標を出して
キッチンの見えるところに
貼っておいてください。

毎日見ているだけでも意識は変わります。

それでは今日はこの辺で。

頑張ってください。