小林です、


あなたはお店のある場所に
満足していますか?


または
あなたのお店がある場所は
この先もずっと稼ぎやすい
場所ですか?


このように聞くと
多くの経営者は尻込みします。


多分この質問を
“投げかけられたことがない”
からかもしれません。


一般的に飲食店は場所取りで
全てが決まる


このように言われています。


だから大手チエーン店は
必死になって駅前の一番いい場所
に出店をしようとします。


私たちのような
中小規模の店はというと…


駅前のいい場所へ出店をしたい
と思っても資金が足りません。


間違えました。


『駅前にある人通りもある
一等立地にお店を出しませんか?』


このような“お声”もかかること
はないです。


「駅前出店情報」すら入ってこない
のが現実です。


では駅前にお店がないと
繁盛店になれないのか?
といえばそんなこともないです。


世の中には決して立地がいいとは
言えない場所で繁盛店になっている
お店も多くあります。


今までの飲食店の「繁盛事情」では


駅前など人通りがある場所に
お店を出さないと集客ができない。


などと言われていたようです。


今でも一部ではその考え方の方が
根強いかもしれません。


駅前に小さな路地にいつも並んでいる
ラーメン屋。


毎日、店内が騒がしい立ち飲み屋。


レトロ感ある喫茶店。


どこの駅にもこんなお店がある
と思います。


これらのお店の特徴は駅前で
人通りがあるから集客には
あまり困っていません。


むしろ、どれだけ客席を回せるのか
の方が関心が高いです。


家賃などが相場よりも低いので
あれば最高の物件だと思います。


が、やはりそんな事は
ないようです。


家賃は想像以上に高額です。


狭い路地にある細長い店でも
駅前にあるということだけで
借り手がつきやすいのです。


借り手が多い=家賃高


これは当たり前のように
言われていることです。


今は場所にとらわれずに
自分たちのスタイルで集客に
成功している飲食店もあります。


どうやって集客をしているのか
というと「インターネット」です。


今までは町内くらいにしか
お店の存在を知られないのが
ネットを使う事で一気に
「商圏」が広がります。


商圏が広がる事であなたのお店の事
を知る機会が大幅に増えたのです。


これにより立地商売と言われていた
飲食店がドンドン様々な場所で
開業する人が増えました。


実は私の先輩が2年前に
独立をしました。


だいぶ遅い独立で
彼は46歳で独立しました。


場所を聞いてさらに驚きました。


実家に帰る、とは聞いていました。


まさかこの場所でお店を
開業するなんて・・・
思いもよりませんでした。


宮崎県です。


周りは長閑な田園しかないです。


私は大丈夫なのかなと
心配をしていましたが
彼のやり方を見て納得しました。


「これだったら十分勝てるな!」と


彼が真っ先に力を入れたのは
インターネットを使っての集客です。


早くから取り組んでいたので
お客さんに認知されやすく
今ではランチタイムは
賑わっているようです。


このように場所の悪さを逆に
武器にして集客をしているお店
もあります。


今日の話を読んでみて
あなたが商売をしている場所は
どんな場所でしょうか?


ぜひ考えてみてくださいね。


それではまた!