小林です、

 

迷っている間は
何も見つけることはできない。

 

と私は思っています。

 

ビジネスでも人生でも恋愛や
友情でも「答え」を求めたり
周りがどうやっていのか
知りたがる人がいます。

 

“答え”なんて考えたって
分かるものではないです。

 

ただ、一つだけ
言えることがあります。

 

辛い時や苦しい時。

 

ギリギリまで努力した人だけ
答えのほんの一つのかけらだけを
見ることができるような
気がします。

 

これから起こる未来なんて
誰にもわかりはしません。

 

でもそれが分からないからと
臆病になって人生を捨てて
しまっては負け犬です。

 

自分自身を捨てるようなことは
しないほうがいいです。

 

また。

 

何をしていいのか
分からないでいる時。

 

花が咲きそうになり慌てて肥料や
栄養を与えても難しいです。

 

花も木も、人の心も
お店の成長も
小さい時からの積み重ねを
心がけたほうがいいです。

 

あととても多いんですが…

 

自分がどこに行きたいのか
分からない方がいます。

 

そんな人が仮に目的地に
たどり着いても自分では
気がつかないです。

 

私も職業柄。

 

様々な仕事をしている経営者さんに
お会いしますが飲食店経営者の方に
多い傾向としては…

 

お店を経営していて
“どこに行きたいのか分からない人”

または
何がゴールなのか分からない方
が多いなと思います。

 

口では

・人生を楽しみたい。
・儲けたい。
・店舗展開したい。
と言っておきながら

真逆な行動をとっています。

 

例えば
「儲けたい」
と言っていながら…

 

このお客は嫌い
このお客さんは好き
このように好き嫌いばかりを
言っていたり。

 

少し業績が良くなると
飲み歩いてしまったり。

 

セミナー後の懇親会では
「これをやった。」
「どうだすごいだろ!」
「えっへん!」と言わんばかりの
態度の方をしばしば見受けます。
(私が開催したセミナーではいないです。)

 

たぶん、その人は
変わりたくない人なんだと
思います。

 

それもまたよしです。

 

そのような人も準備が整い
時期が来ればその考え方も変わる
と思います。

 

自分に鞭打ってやることは
大事ですがそれは自分だけに
しておいたほうがいいです。

 

他人に“強要”はしないほうが
いいです。

 

時の流れに身を任せ
じっと待っていたら
時が満ちてきます。

 

あなたの進むべき道。

 

あなたの目指しているゴール
はどこなのでしょうか?

 

考えてみてください。

 

それではまた。