いきなりズバッと言うようですが
多くの飲食店のメニューを見ると
値段ばかりが目立ちます。

 

メニューなので値段があるのは仕方ないですが
値段には付け方があります。

 

なぜこの商品(料理など)はこの値段なのか?
考えたことってありますか?

 

繁盛している飲食店はただ値段の表記をしていません。

裏には隠された値決めのコツがあります。

 

この記事では値段のことについて書いていきます。

 

繁盛飲食店が伝授する値段の重要性

 

あなたに質問があります。

 

今のお店のメニューの値付けに
あなたは満足していますか?

 

「はい!」と答えた方。

 

今日これから書く内容はあなたには必要ないです。

 

とても優秀な店なのか
それとも向上心がないのか分かりませんが
今の時点では必要ないでしょう。

 

「いいえ。」と答えた方。

 

これから書く内容を何度も読み込んで
売上をドンドン上げていってください。

 

私は前向きでポジティブな人が大好きです。

 

「これでいいや!」とか「こんなもんだろ!」

・・これで満足なんて思った途端…

 

奈落の底まで落とされるのが
経営の世界です。

 

私たちは落とされないで
上を目指して頑張っていきましょう!

 

では始めます。

 

多くのお店は価格。

 

つまり“値付け”に対しての
重要性をあまり理解していません。

 

超有名な企業である京セラの稲盛会長も
値付けはすべて社長の責任である
このようなことを言っています。

 

私も値付けや値決めは
すべて自分の目を通して決めています。

 

もし商品が素晴らしいのに値段を
決めるときに高すぎたら数はあまり
でなくなります。

 

逆にせっかく作った
素晴らしい商品の値段が安すぎても
その商品の価値が下がってしまいます。

 

値段を付ける値付けはとても大事なのです。

 

あと価格は“品質の証”です。

 

イタリア料理店の値段

 

あなたもこんな経験があるのではないですか?

 

バシッと決めたいデートの日。

 

大衆的なイタリアンと
テーブルクロスが掛かっていて
高級感を漂わせているイタリアン。

 

どちらも同じ料理があり価格だけが違います。

 

あなたはどちらを選びますか?

 

たとえ同じ料理を出していたとしても
高級感がある方を選ぶと思います。

 

なぜ、同じ料理を出して
価格も高いのに高級イタリアンを
選ぶのでしょう‥。

 

もしかしたらこの話に
こんなツッコミがあるかも
しれません。

 

「小林さん、高級イタリアンと
大衆イタリアンで同じメニューの店
なんてあるわけないじゃないですか!」

…と

この件に関してはあなたの言うことは
正しいかもしれません。

 

が、

 

世の中を見渡すと
私が例に挙げたようなお店が
結構あるってことに気が付きます。

 

超高級ステーキ店の値決め

 

東京:京橋にある
超高級ステーキ屋にある前菜で
サーモンマリネがあります。

 

普通、私たちの知る範囲では
サーモンマリネという料理だと
ビストロでは一皿2000円以内だと思います。

 

もしかしたらもっと
価格は安いかもしれません。

 

そのお店は4000円近くします。

 

通常、この値段だけを聞いたら
こう思うことでしょう。

 

「4000円も取るんだったら盛り付けとか
食材のレベルを変えているなど
他では食べることができないくらい
奇抜なお皿にしているんだ」

 

と無意識に思うのではないでしょうか?

 

しかし、そのお店はシンプルに

サーモンマリネ
玉ねぎスライス
ケッパー
レモン
サワークリーム(発酵クリーム)

だけです。

 

本当にこれだけです。

 

価格だけ見ると高いと
感じるかもしれません。

 

しかし考えてみてください。

 

このステーキ屋さんのメインは
もちろんステーキです。

 

だからステーキを頼むと
最低でも1万円以上はします。

 

このお店で、例えば 同じ
サーモンマリネ:900円にして
販売してもいいですが‥

 

この値付けで来店したお客さんの
満足度って上がると思いますか?

 

上がらないですし逆に不安に感じます。

 

サーモンマリネをあえて高額にすることで
“品質の証”になります。

 

あなたのお店にあるメニューで「勝負できる!」
思うのであれば・・

 

今より価格を上げてみるのもいいかもしれません。

 

今日も営業頑張ってください。

 

応援しています。