飲食店を経営することは夢だった筈

多くの雇われているサラリーマンやOLは会社に
縛られて言われていることをやるだけの仕事ばかりです。

その点、小さな飲食店を経営しているオーナーは
サラリーマンからしてみたら自由に自分の好きなことを商売にして
生きている夢なのです。

しかし、現実は違います。

飲食店を毎月経営維持していくのはとても難しいですし
何よりも先が見えない不透明な部分が見え隠れしています。

そんな中であなたは夢を持ち続けていますか?

まさか、お店を持ったから夢を実現できた、とは思っていませんよね。

飲食店オーナーはお店を持ってからが本当のスタートです。

この記事では店を持ってから夢を見出せないで
悶々としているオーナーへ向けて「夢を持つことの大事さ」
を説明します。

実現可能な夢

あなたには今年中に
何か買いたい、行きたいなど
実現したい夢はありますか?

私はあります。

夢のために毎日前進ができるように
頑張り続けています。

もし、何も制約がないと言われたら
3年以内で実現したい事はありますか?

今のお店を独立開業する前。

今の会社を始める前の志を思い出してください。

きっと、その当時は夢に溢れていたと思います。

その夢を実現すると心に決めて独立をしたはずなのに・・・

いつしか夢が見れなくなっているオーナーや店主の方。

本当に多いなと思います。

思い出してください。

今から数年前に開業を決意し夢に満ち溢れていた頃の時を・・

このように言うと。

「もうあんなパワーは残っていないよ!」

なんて諦めないでください。

 

年齢だけで開業した当時のパワーと比べるのは勿体ないです。

諦めたらその時点で本当の夢を実現するチャンスもなくなります。

しかし、熱意を持ち続け夢に向かってチャレンジすれば必ず成功の
チャンスは訪れます。

私にも夢があります。

その夢が実現できたかというと道半ばという感じですが
少しずつ近づいているという実感はあります。

ここで私のこと書くのはかなり恥ずかしいんですが…

あなたの夢を
「実現する参考になればいいな」
と思うので思い切って書きます。

気がついていない夢

夢を実現するためにはお金も必要だけど
それだけではありません。

多くの方はお金の余裕が欲しいと言いながら
一生懸命、お金稼ぎをしています。

お金を稼ぐのはとてもいいことです。

商売ですから。

しかし、お金を稼ぐことだけが目的になると
ヤバイかもしれません。

私がお金を稼ぐ目的を書くので参考にして考えてみてください。

時間の自由です。

このように書くと「自己啓発系」のように聞こえてしまいますが・・

好きな時に
好きな場所に行き
好きなだけワインが飲めて
好きな服に身をまとい
好きな人たちと
ともに時間をともに過ごす…

時間に縛られない生活。

あなたは興味はありませんか?

私がここで書いているようなことを
実現しよう!と思うことはできます。

が、しかし、

実際はいくつもの壁や
自分と向き合わないと
たどり着くことはできません。

結局お金の話かよ!と
思うかもしれませんが
私は極めて現実的な話を
書いています。

お店を自分で持ちたい、と
思っている時はあなたも夢があって
開業したと思います。

もしかして家族の反対を押し切って
開業したかもしれません。

以前からコツコツと貯金して
お店を開業したかもしれません。

親が経営しているお店を
引き継ぐのが嫌で
違う仕事をして・・年を取り

気が変わり、引き継いでも良いかも
と心変わりして始めたかもしれません。

勤めていたお店で常連のお客さんに
店やったほうがいいよ!と言われて
自分でも“その気”になって
開業したかもしれません。

…など

それぞれお店のオーナーになる
動機があったと思うんです。

もう一度思い返して見てください。

多くの飲食店オーナーは
夢があるから飲食店のオーナーを
していると思います。

オーナーにはなることは
資金さえあればできます。

問題は今の状況と未来なのです。

夢に向かってスタートラインに立ったのに
そこで満足して落ち着いてしまったら
さらに先の夢に向かっていくことは
できません。

飲食業は夢がある職業だと私は思います。

あなたもきっと夢があるから
この世界にいるんだと思います。

夢は実現するためにあります。

頑張って夢に一歩でも近づいてください。

それではまた!

 

西日本の雨、ものすごいです。

くれぐれも気をつけてください。

命があって夢を実現です。