量の生産は大手にやらせておけばいいシンプルな理由

 

私たち中小個人のような、会社やお店を経営していると、必ずと言っていいほど「量」で勝負しようと考えてしまいます。

量では大手企業を比べ至らないし、勝てるわけないと分かっているのに、気がつくと大きな会社がしていることと似た様なことをしています。

私も同じ様に、大手の真似とはいかないにせよ、数の面(客数)で増やして収益を増やそうとしていたことがあります。

私が経営をしているお店は、開業当初は客単価を6000円あまり頂いていたのですが、経営状況が苦しくなった時に、お客さんの数を増やそうと考えて、価格を下げたことがあります。

それなりにはお客さんの数は増えましたが、利益という面ではほとんど残ることはありませんでした。

この経験から言えることは、すでに知っていて当たり前の様に思えるかもしれませんが、従来の価格を下げて販売をしようとすると、量が必要になるという事実でした。

私たちはなぜか不思議ですが、決して勝てないと思うような、とても影響力がある大手企業と張り合おうと考えます。

不特定にしてしまう理由

例えば、私は飲食店を経営しているので、どうしても「不特定多数」を相手に商売をしようと考えます。

冷静になり考えてみれば分かりますが、不特定多数を相手に商売ができるのは、資本力や会社の規模が大きい企業が行えることであって、私たちのような、中小規模の会社やお店が仮に手を出せたとしても、クレームの対応、数の多さへの対応などに追われるだけです。

それに、不特定ということは、お客さんを特定しないことにも繋がります。

なので、お客さんに商品を買ってもらう時に、特定していないがために、どんな商品を置いていいのか分からずに、商品リストやメニューに入れてしまうのです。

結局のところ、誰からも好かれるような品揃えにしたり、クレームが出るだろうお客さんのことを想定して「この商品ならクレームは出ないだろう。」と、可もなく不可もない品揃えになりがちとなります。

本来であれば大手企業と肩を並べて、量をたくさん売らなければならないのに、もしもの時に、どうしたらいいのだろう、と気を揉みすぎているため、大量生産ではなく多量の品揃えとなってしまうのです。

これで、あなたの会社やお店の売り上げが上がればいいのですが、社員やスタッフ、そして商品を売るための販促費用などを捻出するために、以前に増して多大な労力そして費用が必要になります。

その結果。資金をなんとか捻出してやりくりしたにも関わらず、思ったほどの利益に繋がらない。

とても残念だと思いますが、それでは「骨折り損のくたびれ儲け」です。

力で競っても報われない

このような「力」によって競り合うやり方ではなく、別に大手と張り合うことなく、あなたのペースで利益を増やせるやり方があります。この方が無理がなく対応に追われることも少なく済むでしょう。

やり方と述べましたが、方法ではなく考え方です。とてもシンプルな思考です。それは、あなたの内なる「強さ」に目を向けて、それを形にして生産をしたり販売をしていきます。

「強さ」という言葉に、あまり“ピンとくる人”も少ないとは思いますが、誰でも何かしらの「強い部分」「得意な分野」があります。

例えば、友人の山田さんは、外交的で人と話すのが好きで、初対面の人と昔から知り合いのように接することができる、などです。

この場合、山田さんの得意なことは、人と話すことが好きなようなので、人と間近で接する仕事、例えば、ありきたりかもしれませんが営業職や保険の外交員、もしくはセミナー講師などが向いているかもしれません。

もちろん、他にも得意とする分野や「これなら任せてほしい」というようなこともある、と思います。

もし、他にも得意とすることがあるのならば、一つの可能性として捉えておいたほうがいいかもしれません。

幾つか箇条書きでもいいので候補を出していき、その中で1つに絞りそれを「自分の強さ」として強化していけば良いと私は思います。

これは、個人ではなく会社単位でも同じことが言えます。会社にもそれぞれの分野での強さがあります。社内に幾つかある「強さ」を1つに絞り、それを形にしていけばいいのです。

 

量から質へシフト

強さを発揮したいならば量で勝負することはできません。これが逆にいいのです。

なぜなら、あなたの会社やご自身の強さを維持するために、量ではなく質に目を向けて考えるようになるからです。

量から質に考え方がシフトすると、世界が変わっていきます。

今まで量を裁くことだけを考えていたのが、質をわかってもらうためにどのようにしたら、質の価値を理解してくれるのだろう。と考えるようになるからです。

大企業は“量”を求めていかなければならないために、誰にでも好かれようとします。当然元々は“質”が勝っていたものが量をさばかなくては収益にならないので、質のレベルが普遍的になりやすくなります。

しかし、私たちのような中小規模の会社であれば、必要以上に“量”に固執しても意味もないですし、その土俵に立てるだけの体力もありません。

それよりも、一部のお客さんに好かれてファンになってもらうために“質”にこだわり続けて、その価値をお客さんに伝えることで、十分利益を上げることができるのです。