小林です、

 

飲食店全般にいえることですが
どこのお店よりも安くして
商売をしようとする店主は
思いの外多いです。

 

安く始めてみたものの
想像以上の苦戦になり。

このままでは、利益が出ないと
焦って値上げを考える方が
多いです。

 

しかし、値上げを試みても
お客さんの顔を見たり値上げの場面に
直面すると中々値上げすることできない
店主はとても多いです。

 

低単価商売のコンセプトが問題だった

お店を開店した理由は
リーズナブルに店に通ってもらう
何度店にきても飽きない・・お店。

 

このコンセプト?を考えて
お店を開業する方はとても多いです。

 

お店を開業するときにコンセプト
を低単価にして集客がしやすい
毎日お客さんに来店してもらいやすい
店づくりを目指し。

 

自分で低単価の優位性を考えてしまいます。

 

他のお店よりもウチの方が
安い価格だから
絶対に入るよ!

 

あのお店はこんな料理を出して
こんなに高いんだから
うちの方が安くて
美味いから大丈夫。

 

高単価のお店は集客に
苦労するから低単価の
お店にして集客に
苦労したくない。

…など

 

様々な理由があって今のお店作りを
したと思います。

 

が、しかし・・

 

実際お店を開業して
時間が経つに従い
安い単価に疲れ果てて
値上げをして少しでも売上にしたい、

でもどうしたらいいのか
分からない…。

このように考えるようになる方は
とても多いです。

 

低単価商売の未来

やってみて初めて分かることは
多いですが、

低単価だから集客がしやすい、と
いう訳ではないことを
“身をもって経験”する方もいます。

 

そしてこれはランチにも
言うことができます。

 

「ランチは安いからしょうがない。」

「人が歩いていないから
価格を下げて集客しよう。」

「価格を上げたら
お客さんが来なくなってしまう。」

 

とまぁ

 

消費者より価格に対して
敏感な店舗経営者が
どれだけ多いことか、、、苦笑

 

低単価商売は数字をよくみるべき

私たちのような中小零細店舗は
価格を下げて販売してはいけません。

 

その理由を
これから説明していきます。

 

先ずあなたの周りのお店を
見渡してください。

 

少なからず低価格で
集客しているお店が
あると思います。

 

一見お客様が入っていて
繁盛しているように見えます。

 

しかしスタッフの数は
何人でしょう。

 

お店にお客様が溢れているのは
いいように思いますが
そのお客さんの単価が
問題なのです。

 

数字で記していきます。

 

仮にランチ営業で
A店 :客単価2000円
B店 :客単価950円

とすると

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
売上=客数×客単価
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
で売上になりますよね。

 

1日分のランチで
同じ売上を上げようと
考えるとこうなります。

 

A店:
20名×2000円=4万円

B店:
42名×950円=39900円

となります。

 

価格を下げて集客しようとしても
同じ売上にするためには
2倍以上の客数が必要となります。

 

このように書き出して考えても
950円で集客する方を選ぶ方は
多いのでは?と感じます。

 

毎日、お客さんが入っていれば
いいですが現実的に考えれば
難しいと思います。

 

飲食店は天候に左右される

雨の日で集客が厳しかったり、
はたまた雪だったり、
全く人通りがない日だったり、

要はお客さんが安いからと理由だけ
安定して毎日集客できる事って
難しいと感じていませんか?

 

よく

チラシやってください!
FAXDMで宴会とってください!
WEB集客を頑張ってください!

と言われますが

 

果たして
毎日満遍なくお客さんで
埋まる日って
どのくらいあるのでしょうか。

 

どんなに繁盛店にも
お客さんが集客できない日って
あるんですよね。

 

低単価で集客しようとしていると
一度集客が苦しくなってしまうと
経営が傾き始めてしまいます。

 

上記の数字見たと思いますが
低単価で商売をしているお店は。

 

一度でも売上がマイナスになると
そのマイナス分(負け)を
取り戻すことは難しくなります。

 

なぜかって?

 

低単価で商売をしている限り

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
集客人数を増やさなければ
売上が上がらないからです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

特に飲食店や美容室などは
席数が限られています。

 

席数が限られているのに
まだ低単価で集客をして
一喜一憂する商売を続けますか?

 

かなり大事な考え方なので
知っておいてください。

 

それでは、営業を頑張ってください。