こんにちは

小林です。

 

東京の最近のランチ戦争は本当に凄い・・・

 

オフィス街であればなおさら激化していますね。

 

同じ飲食店同士のお客争奪戦だったらいいけど、

そうではない、コンビニ弁当や行商がやっている

不衛生な弁当・・・

 

こちらと比べられると厳しいですよね!?

 

その金額で仮に売ったとしても利益は!?

 

常に売上が上がったら利益はどのくらいか?

又その売上はどのようにして売上になったのか?

 

ランチタイムであっても検証する必要があります。

 

もし・・・

 

売上に対して利益が余りにもとれてないなら・・・

値上げを考えて、人件費などの経費を見直す事と思います。

 

 

飲食店にとってかな〜り比重が重い人件費。

 

ランチタイムは只でさえ利益の幅がとれないので

 

人件費・・・さらには人材を獲得するまでの広告費。

 

 

折角、スタッフを雇ったのに、ランチタイムの余りの忙しさで

指導できず、スタッフが辞めてしまう・・・

 

こんな事ありませんでしたか?

 

その問題を一気に解決する方法があります。

 

それは

 

・・・

 

・・・

「値上げをする」

ということです。

 

値上げすることで一時はお客様は来なくなります。

 

でも、来なくなるお客はあなたのお店の良さがわかって来店した訳ではなく

単に「価格」の部分だけを見ていたのです。

 

 

あなたも考えてみてはどうでしょうか?

 

あなたの頑張りを応援しています。

 

小林 邦臣