こんにちは

小林です。

 

殆どの店舗経営者が、お店のメニューは多い方がいいのではないか?

と感じていると思いますが、それは間違いです。

 

よくお客様にもっと違うメニューが食べたいとか

この間このメニューを食べたから違う物がいい

等と言われることがあるといいますが、

 

実際のところ本当にそうでしょうか?

 

キッチンにもっと違うメニューを考えてくれ!なんて言ってませんか?

 

メニューの豊富さがウリの大手チェーン店なら分かりますが

私たちは客席が30席位の小さなお店・・・

 

お客様がそういうから・・・

 

このように感じてどうしたらいいか分からない方の為に

今日はメニューに対しての考え方で利益を増やしていく

という事を話していきたいと思います。

 

はじめに

一部のお客様の意見だけでメニューの数を増やすのは

非常に危険です。

 

メニューを増やすのではなく、同じメニューでも売り方を

変えた方が負担が少なくてすみます。

 

それにメニューを増やせば手間もかかってしまい

それに伴い人件費も必要になるし、

人材募集の広告費と・・・

 

メニューを増やすという行為がどれだけ

お店の収益を圧迫しているかということです。

 

では、メニュー数を増やさずに売上を上げるには

どうしたらいいのでしょうか?

 

答えは

コンセプトでセット売りにしてしまうのです。

 

コンセプトというとお店のコンセプトみたいに考えてしまいますが

それよりもっと小さく考えたコンセプトです。

 

例えば

「お疲れさまです!サラリーマンの為の生ハム食べ放題コース」

このようにコンセプトでセット売りをします。

 

ランチでも可能です。

「ママ友、ママの為のランチコース(プラン)」

 

こういう事ももちろん可能ですし、集客できます。

 

そしてセットもある程度の数があるようにすれば

セット自体を抱き合わせて販売する事ができます。

 

このようにコンセプトメニューを販売して、更には

本日のオススメを数品、キッチンに考えてもらえば

キッチンの負担も減り、売上も上がり

更にはロスが減っていくので利益も残りやすくなることがわかります。

 

コンセプトで七変化をして集客していきましょう!

 

あなたの頑張りを応援しています。

 

小林 邦臣