こんにちは

小林です。

 

飲食店経営者の方によくこのようなことをいわれます。

 

「お店の点数いいよね!点数がいいからお客さんいっぱい来るでしょ!」

 

わたしは狙った点数ではないのですが、、、

 

そのように思ってしまうんですかね〜〜

 

正直いいまして

 

点数=店舗繁盛

ではないです。

 

点数はその時来店したお客様が

独自の判断で点数をつけていますが、

店舗を繁盛店にする事とは

自ら広告投資を行い集客をやり続け

それからリピートしてもらう事を

やり続けた結果なのです。

 

多くの飲食店を経営している方が

点数=繁盛店

みたいに考えてしまってます。

 

それより、私たち経営者が考えなければならない事は

どのようにお客様を集客して

リピートしてもらうかではないでしょうか?

 

それに、点数や口コミを気にして

顧客満足をあげればお客様がきてくれる

と思っている方も非常に多いです。

 

でも、顧客満足とは

お客様の要望をすべて受け入れる事ですか?

 

 

そんなことしたら、他のお客様にも同じ事を

しなければならなくなってしまいます。

 

余計に手間を取られてしまい

本来有るべきサービスとはかけ離れて

いってしまいます。

 

顧客満足って、、、、

 

人間の欲は限りなくでてきます。

 

例えば

お客様に「シェフなんか旨いもの作ってよ!」

といわれて作ったとします。

その行為(自分の為に作ってくれた)に

アジをしめて又言われます。

 

「シェフこの間と違うもので旨いもの作ってよ!」

 

あなた(スタッフ)は、一生懸命又作ります。

 

これを繰り返すことで

このお客は、普通のメニューを食べなくなってしまいます。

 

このお客様は、更にエスカレートしていきます。

 

ここは、俺(私)の言う事を何でも聞いてくれる!

 

この行為が顧客満足なのでしょうか?

 

よ〜〜く考えてみて下さい。

 

それにより、別に料理を作る手間が発生してきます。

そうすると、一般客のメニューに対応できなくなりますよね?

 

そのお客が例え一般客よりお金を使ったとしても

あなた又はスタッフの手間のおかげで

一般客に違うメニューを作ったり、売ったりする事が

できなくなるからです。

 

リピートをしてもらいたい気持ちは分かります。

 

でも、その対応に追われてみすみす他の売上を逃して

しまう事になるのではありませんか?

 

その数人の為に他の大勢から得られるであろう売上

を、違う価値観の顧客満足の為に犠牲にしていませんか?

 

仮にそのお客が来なくなったとしても、

販促を行いきちんとお店のルールで楽しんでくれる

お客様を集客した方が、長い目で見て

あなたのお店の売上が上がっていくことが

分かると思います。

 

それには、お店のルールをしっかり作り

経営者自身がぶれない事が大事なのです。

 

あなたの頑張りを応援しています!

 

小林 邦臣