こんにちは

小林です。

 

先日、フランスに在住しているお客様が

帰国時に来店してくれました。

 

色々な話等が聞けて嬉しかったです。

 

実はこの方は、元々私の主催していた

料理教室の生徒さんなんです。

 

その時から結構来店してくれていました。

 

そして今回、日本に帰国するから是非と

お店に来てくれたのでした。

 

当然お店に来店するので

売上があがります。

 

飲食店はその方のような

「コア」(優良顧客ともいいます)

なお客様にも支えられて

経営しています。

 

それには

私たち飲食店は、その道のプロである事

が凄く大事です。

 

そして、何かのきっかけで来店してくれて

もちろん売上が立ちます。

 

ひとつ誤解をしているかもしれないので

伝えますが

私がフレンチだからではありません。

 

なぜなら、先生とかプロの立場をキープしているからです。

 

あなたも考えていただきたいのですが、

お客様と友人のように付き合う、、、

確かにフレンドリーな接客は喜ばれますが

本当にそれで売上があがるのでしょうか?

 

友人としての地位が上がってくると中々

正規でお金を貰うのが難しく

なってくるのではないでしょうか?

 

反対に

あなたが先生とかプロとしてお客様に接していれば

当然正規でお金も請求できるし、

仮に、値上げしたとしてもそのお客様からしてみたら

先生(プロ)なのですから当然と思うのではないでしょうか?

 

フレンチだからではなく、

例えば

コーヒーをいれるバリスタも同じ事が言えますし

ワインをオススメしているホールスタッフも同じです。

 

要はどのようにその位置に自分たちがいれるかと言う事

だと思います。

 

お店全体からしてみれば、少ない人数かもしれませんが

この「コア」なお客様は高単価が可能です。

当然売上も上がります。

 

ではそのような「コア」なお客様を

獲得するにはどのような方法があるのでしょうか?

 

例えば

私が行っていたような

・料理教室

・popであなたのこだわりを伝える

・ネットで伝える

・直接見込み「コア」客に伝える

 

色んな方法があります。

 

これらを定期的に行い「コア」なお客様になってもらうのです。

 

そして「コア」なお客様からイベント等に来てもらうことを

すすめます。

 

例えば

ワインの事を伝えていて、あなたの「コア」客だったとします。

そしたら当然ワインをからめてイベントができますよね?

 

その得意なワインに関して集客していきます。

普段は仮に6000円で頑張ってワイン会を

集客していたのに

「コア」なお客様に来店動機をつくってみると

10000円なんてこともあり得る事なのです。

 

 

なぜなら、あなたは普段からそのような情報を

お店を通しお伝えしているからなんです。

 

私たち個人店は、大手チェーン店のように

広く浅くお客様を獲得はできません。

 

従って、「コア」(優良顧客)を少しでも多く

獲得してその方達に向けて販促活動をしていくことに

なります。

 

フレンドリーなサービスはいいのですが

最後にお客様にどのようにしてもらいたいか?

このように考えてサービスをしていく事が

最終的にあなたのお店の良さを理解してくれる

「コア」(優良顧客)を獲得していけることでしょう。

 

あなたの頑張りを応援しています。

 

小林 邦臣