こんにちは

小林です。

 

飲食店ではメニューブック作成のできで

売上が変わってきます。

 

では、一体どのようにすれば

同じメニューでも違うのかを説明していきます。

 

始めにアラカルトとコースでは表記が違うので

先ずは分かりやすいコースから説明していきます。

 

例えば

 

コース料理(セットも同じ)

A  2500円

B   3500円

C    4500円

 

だったとします。分かりやすい様に料理の詳細は

省かせていただきます。

 

通常価格の安い順番から並べてしまいます。

A、B、C と・・・

 

確かにお客様には分かりやすいですが、

私たちは飲食ビジネスをしているのであって

そこから収益を上げていかなければなりません。

 

そこで、表記の順番によってお客様の注文を

少しでも操作してできれば価格の高いメニューを

選んでいただけるようしなければならないのです。

 

B、C、A

 

このような順番にするだけで、Bの価格帯のコースが

注文されるようになるはずです。

 

では、アラカルトの場合はどうかというと

例えば

A、600円

B、700円

C、700円

D、900円

E、1200円

とあったとします。

 

やはり多くのお店では価格の安い順番から

並べています。

 

確かに選ぶ方としては価格で整理されていて見やすいですが、

果たしてこの表記方法でいいのでしょうか?

 

例文は5品目ですが、実際はもっとアラカルトメニューってありますよね!?

 

普通に考えて価格の低い物から注文していきます。

 

そして、このようにお客様に言われてしまいます。

「もうお腹いっぱいだからいらないです!」

 

私自身も以前このような経験がありました。

 

そして私自身の経験則に基づき、

ある方法にすることによって

お客様自ら価格の高いメニューを

選ぶ様になっていきました。

 

それは

上から3番目になるべく価格の高いメニューをいれるんです。

 

そして一番価格の安いメニューを真ん中にしてしまいます。

そうするとこのようになります。

B、700円

D、900円

E、1200円

D、900円

A、600円

C、700円

 

どうですか?

 

そしてもうひとつのポイントは

3番目の後の価格を3番目に近い価格の物に

することです。

 

こうすることにより、

かな〜〜り見え方が変わったのではないでしょうか?

 

もちろん、メニュー表記の文章は

お客様が想起できる文章であることが前提条件です。

 

たったこれだけで、お店の売上が変わってくることは

想像できる事と思います。

是非試して下さい。

きっとあなた自身も

「え!たったこれだけで!?」

と思うでしょう。

 

これが、現実であり真実です。

 

私のノウハウの一部ですが、

へんな売り込み何どしていないのに

売上が今よりアップします。

 

もし、あなたが実践して効果があったら

私に是非結果報告してみませんか?

 

お待ちしています^^

 

今回はほんの一部です。

 

あなたの頑張りを応援しています。

 

小林邦臣

 

お問い合わせはこちらから↓↓↓

 

http://kuniomi.com/contact.html

 

 

直接のコメントはこちらから↓↓↓

[contact-form-7 404 "Not Found"]