こんにちは

小林です。

 

梅雨入りしてジメジメした時期に入りましたね。

先日、わたしのお店で採用の決まっていた

人材が働く当日に出勤せずじまい・・・

 

私は心配で電話をかけたのですが

電話にも出ず、留守電にメッセージを残しても

返答が無い。

 

困ってしまったのです。

新規開業時の時からこの問題ばかりです。

 

 

しかし、常日頃から、
急な欠員がでたりした時に対応できる様に
私のお店は余り手を広げずに営業しています。

 

そのおかげも有り、お客様には迷惑を掛ける事無く
営業ができています。

 

あなたのお店は、急な欠員があった時に
適切な対処と対応をしていますか?

 

これからもっと労働人口が減って来ると言われています。

今も人手不足の為、新規開業しても潰れてしまいます。

 

そんな中で私たちは経営をしていかなければなりません。

一見メニューを絞るという行為が、お客様を逃している様に思えますが

果たしてそうでしょうか。

 

この先何が有るか分からない中、適切な対応が必要になっていくんです。

その中の一つの案が、メニューを絞るという事になります。

 

都内では閉店出店が繰り返されて、最近は、お店をオープンしたんだけど

スタッフが集まらなくて営業できない・・・という店舗が増えています。

 

又、スタッフが集まらなくて、お店を閉店しなければならない状況に立たされている

お店も多く存在しています。

 

私たちにできる事は事前に対処して

少しでも長く経営していきたいですよね!

 

更に人材の問題は飲食店だけではないんです。

 

食材卸会社、食材生産者まで人手が足りていません。

 

人手が足りていないのに、目標売上達成まで

今までと同じ事をして達成しようとする・・・

 

そうすると、既存スタッフの負担が増えるばかりになってしまい

更には、既存スタッフの離職率も高くなってしまいます。

 

配達を外注にすると、私たち飲食店で商品の事を聞きたくても

答えられません。

 

本当に全てが悪循環に陥ってしまいます。

 

日頃からそのようなリスクと向き合いどのような方法で

解決していったらいいかを

考えておく必要があります。

 

小林邦臣