こんにちは

小林です。

 

突然ですがあなたの会社は商品を

きちんと商品価値を伝えていますか?

 

先日、ビストロに食べに行ってきました。

私は他店を勉強視察を兼ねてよく行きます。

そこでこんな出来事がありました。

 

それは・・・

 

ワインリストを見て注文しようとした時のことです。

 

「このワインをお願いします」

 

というと

 

「すいません、そちらのワインが売り切れてしまいまして・・・」

 

ここまでは良く有る事だと思うようにしているので

(私のお店はそれは無いですが・・・)

 

その後なんと!そのまま下がってしまったのです。

 

通常売り切れの商品があれば代替えをオススメするのが

商売というものです。

 

でも、そのまま引き下がるのです!

 

ちなみのそのホールスタッフは店長でした。

 

私はここでこのように提案をしました。

 

「他のワインリストありますよね!?

それを見せて下さい!」

 

そうしたら、なんとあるではありませんか!

違うワインリストが、

リストを開いて更にビックリしました。

 

それは、

ワインの名前 値段

 

これしか表記されていないのです。

 

これでは、どのワインを選んでいいのか判断できないので、

たまたま私の知っているワインがあったので

それを注文しました。

 

あなたはこの話を聞いてどのように思いますか?

 

私は経営者がスタッフに任せきりで

全くサービスに対してオペレーションを組んでいない事が分かりました。

商品はこだわっているようですが・・・

 

更に、売上を上げていく!というスタッフの意識が足らないばかりか

ワインを知らない人は来なくていい!と受け取りました。

 

これでいいのでしょうか?

 

商品が切れる事があるのは分かりますが

代案を提示し、お客様の満足度を上げる努力を

怠っているとしか思えませんでした。

 

このようにならないように、経営者が

常日頃から、スタッフを教育する必要がありますよね!?

 

では、なぜスタッフがそのようなモチベーションになったのでしょう。

 

それは3つの理由を考える事ができます。

 

1)目標設定が曖昧なため

 

2)客単価に対しての来店したお客様への不満

 

3)スタッフが頑張るためのシステム作り

 

この様に考える事ができます。

では具体的にどのようにしたらいいのか

一つ一つ説明していきます。

 

1)目標が曖昧なためとは、もちろん売上目標です。

 

月間の売上を達成する為に、頑張りましょうということです。

 

でも、スタッフによってはそうでない方もいると思います。

 

そのような場合には、例えばキッチンなら

「○○日までにこの料理が一人でできる様になる」と

期限を区切ることです。

 

そうすると、短期の目標ができて目標に対しての

達成感を得られやすい事で、モチベーションが上がります。

 

当然、売上に対しても同じ事が言える事が分かるでしょう。

 

2)客単価に対しての来店したお客様への不満

 

概ね客単価が低く設定している店舗ほど

お客様の質は悪くなる傾向があります。

 

従って、スタッフがそれぞれプライドを持って仕事をすることが

困難な場合が多いです。でも客単価などは経営者が決める事なので

スタッフには権限がありません。

 

そうしてモチベーションが下がってしまいます。

 

このような場合の一番の解決策は、何に向かって仕事をしているのか

という事を経営者がハッキリ示す事で、かなり緩和されます。

 

そして、先ほどの例みたいに商品が売り切れで終わるのでは無く

代替えを提案していく事をしっかり教え込む事です。

 

仮に代替え案がお客様が了承して注文してくれたら、その人間の手柄として

誉めてください。

そうするともっと頑張ってくれます。

 

3)スタッフが頑張れためのシステム作り

 

1と2に通じてくることですが、頑張っても同じでは

モチベーションが上がりません。

 

なので、1、2で上げた事を数値によって公表することで

もっとより良い事をスタッフ自ら考えていきます。

 

 

いかがだったでしょうか?

 

私たち経営者は、上記に話したシステムを作る事が仕事です。

プレイーングマネージャーに徹している会社でも

同じです。

 

始めは慣れない事で大変ですが、作ってしまえば

スタッフのモチベーションが上がり売上もアップします。

 

是非検討してください。

 

小林邦臣
追伸

 

このような日々の記事を読んであなたも売上アップしてみませんか?
登録は簡単です。
下記にあなたのアドレスを入力して登録のボタンをクリックするだけですみます。

登録をお待ちしています。


集客の極意! メルマガ登録
Eメール  *

 

 

 

[contact-form-7 404 "Not Found"]