こんにちは

小林です。

 

多くの飲食店は大手チェーン店や類似する業態、業種と競合しています。

 

以前はまだ飲食店自体が少ない事もあり、比較的自分の店舗の立ち位置を

明確にしなくても簡単に売上を伸ばす事ができました。

 

そして現代、脱サラして飲食店を開業する人や、他業種の会社が

飲食店に参入など多岐に渡り飲食店を開業してきています。

 

ここで、大事になってくるのが自分の店舗がどこに位置

しているかという位置(ポジション)です。

 

マーケティング用語ではポジショニングといいます。

 

事業の成功、失敗はポジショニングで決まる。と云われるくらい

とても大事な考え方です。

 

あなたのお店はどのポジションにいますか?

 

飲食店には無縁と思われてませんか?

 

近年飽和状態にある飲食店にとってこの

ポジショニングは非常にターニングポイントとなります。

 

ポジショニングができていれば集客にも困らなく

売上も桁違いに出す事も可能です。

 

飲食店のポジショニングとは一体どのように行えば良いのか

と云う事を話していきますね。

 

まず、私たちが思い浮かべる飲食店というのは

ポジションではなくカテゴリーという部類に入ります。

 

飲食店というカテゴリーから更に

色々わかれていきますよね?

 

例えば

 

牛丼、カレー、そば、ラーメン、イタリアン

などなど

 

挙げれば無数にあると思います。

 

そして、例えばイタリアンのカテゴリーを

更に細分化していくと

 

・パスタ屋

・ピッツェリア

・トラットリア

・リストランテ

などなど

こちらも分かれていきます。

 

そして例えば

パスタ屋の例でいうと

 

・パスタ品数が100種類ある店

・パスタ(イタリア本場さながらのパスタを出す店)

・パスタ2種類を盛り合せにする店

・パスタ(違うジャンルの料理と組み合わせているお店)

など

更に細分化ができます。

 

そして

自分の店舗が一体どの競合と戦っているのか

又ここの位置で収益を上げることができるのか?

 

このようなことを考えていき、分析をしていく事で

自分がいまどのポジションに位置しているかを

検証して場合によっては変えていくということが必要になってくるのです。

 

 

 

次回は更にポジショニングについて話していきたいと思います。

 

今日もありがとうございました。

 

小林邦臣

 


集客の極意! メルマガ登録
Eメール  *

 

 

私のブログをご覧になり何か質問がありましたら

お書き下さい。必ずお返事します。

[contact-form-7 404 "Not Found"]