こんにちは
小林です。

新規開業の準備の第一番目はあなたはなんだと思いますか?

そうです。

開店資金の準備です。

この資金の部分が分からないと
お店を出す事なんて夢の又夢になってしまいます。

私の友人もかなりの数の方が独立開店を果たしました。

私も含めてそうなんですが、一番の問題は資金でした。

大手チェーン店のように円滑な資金を保有している方は
まずいないと思います。

脱サラの方はある程度まとまったお金を手にできますが
ずっと飲食店で働いていたら資金が貯まるはずがありません。

では、その開店資金をどのように準備したらいいのでしょうか。

お金を借りるという事が第一考えられ思います。

先ずここで知らなければならない事が有ります。

それは、銀行に直接お金を借りにいっても
ほぼ100%貸してくれないです。

私はそれを知らずに銀行を回った経験があるのですが
その銀行がすごく対応がよくて話を聞いてくれる程度です。

ほとんどの銀行は門前払いをされます。

とくに大手銀行はそうでした。(私の場合は)

では、どこに開業資金を貸してくれる
場所があるかというと、創業融資をしている
機関があります。

そこを利用する方が懸命でしょう。

・日本政策信用公庫
・商工会議所
・都道府県で斡旋している創業融資
などなど

調べれば出てきます。

ここで大事な事があります
それはどの機関を利用するにしても
ある程度まとまったお金が必要なことです。

金融機関は融資を申請した方の次のような所をみます。

それは、開業に対してどの位貯金ができているのか。

ということです。

つまり、全くの貯金ゼロでは融資自体が受けられません。

ここでよく親族から一時的にお金を借りて
銀行の預金通帳にいれる方がいますが、
必ずそのお金の出所を調べられます。

通帳を見れば一目瞭然です。
毎月少しづつでも貯金されているのか
いきなりまとまったお金が入金されていると
普通に考えても怪しいですよね!?

なぜ、このような所を見るかというと

「あなたに融資をして返済できるか」
というところを
かな〜〜〜り見られている訳です。

つまり、仕事でもそうですが
今まで飲食店の経験がないのに
飲食店を開業したいから融資をお願いしても
必ず融資担当係の方に聞かれます。

「なぜ、今までと違う仕事で開業をするんですか?」

そうですよね、今まで全く飲食店で経験がないのに
いきなり飲食店をやりたいから融資してくださいと
いわれても説得力がありません。

まだまだ他にもありますが、今日はこの辺りにします。

開業の道のりはまだまだ続きますが、めげずに頑張ってください。

あなたの夢を応援しています。

小林 邦臣