l_375

こんにちは

小林です。

 

今日、お話する事はもしかしたら
不安が高まってしまうかもしれません。

 

でも、飲食店を開業するという事の現実を
知る事で、事前に解決できる事もあります。

 

なので、あなたが本当に飲食店を開業して
頑張っていくという決心をしたら
読み進めてください。

 

そのぐらい強力な現実です。

 

世の中、飲食店を開業したいと思う人はいっぱいいます。

 

飲食店新規開業を100%とします。

開業後3年たって存続している飲食店は
全体の65%です。

 

つまり35%の新規開業した飲食店は潰れています。

 

さらに、脱サラ、飲食未経験で開業した方は

3年以内で90%が潰れています。

 

ほとんどの飲食店が潰れているわけです。

 

今まであなたは消費者側にいたので気づかない事が

たくさんあると思います。

 

「あのお店は安くてうまいし、さぞオーナー儲かっているんだろう」とか

「このお店より自分でやったら絶対繁盛できる!」とか

「あのお店は閉店時間まぎわになると、なぜだかせわしなくなる」とか

 

あなたは今まで消費者側にいたのが今度は飲食店側になるのです。

 

例えば

夫婦でカフェをオープンしたいと考えているとします。

 

仲のいい夫婦のはずが、一緒にお店を開業して
悲劇が起こりました。

 

お店を開業すると四六時中一緒にいます。(当然家でも)

そうすると、お互い仕事に対する不満、
経営の不安、さらには家庭での不満
も共有することになります。

 

お店の経営状態がよければまだいいですが、
経営が悪化してくると、、、

今まで仲のいい夫婦だったのに、喧嘩が絶えない関係になり
気づいたらお店も無くなり、お互いパートナーもいなくなり
残るのは借金だけ、、、

 

想像しただけでも怖いです。

 

飲食店を開業するという事は、小さくても「会社」です。

なのでビジネスセンスやマーケティングが必要になってきます。

 

今まで、料理しか作った事がなくてもマーケティングを
勉強しなければお店は3年以内に潰れてしまいます。

 

今までホール経験があって損益計算くらいができても
ビジネスセンスやマーケティング、資金繰りは別の話です。

 

飲食店を経営するということは「失敗して当たり前」の世界です。

あなたは、その「失敗して当たり前」の世界に入るわけですから
開業前に入念な準備をしなければなりません。

 

私は飲食業に携わりこの道20年以上経験を積んで満を持しての独立でした。

でも楽観的に考えすぎていたことに原因があり、始めはかなり
苦労しました。

なんに苦労したかというと、集客、お金、人材

そうです。全てです。

特にお金の問題が一番経営者を追い詰めてきます。

 

私は頑張ってたくさんのお客さん集客しても売り上げが上がらず
売り上げが上がらないから当然利益もでません。

 

利益がでないから折角雇ったスタッフは辞めていき
運転資金も無くなり、、、どうしたらいいのかわからない、、、

 

今では大丈夫になりましたが、
飲食店を経営するという決意が足らなかったと気づきました。

 

あなたが開業する決心を決意に変えていってください。

 

開業前の準備段階では、まだスタートしていません。

でも飲食店を開業したら、この先ずっと走り続けなければなりません。

 

この長距離マラソンには、ゴールはないのです。

 

よく飲食店を開業することがゴールみたいに考えている人がいます。

実際に開業したらゴールではなくてスタートです。

スタートして立ち止まることはすなわち「倒産」を
意味しています。

 

それでも、あなたは夢であるお店を開業することと
思います。

 

絶対に勢いではお店は開業しないでください。

後で後悔する事になります。

お金があればとりあえずお店は開業できますが、
その後のことは、この記事のはじめにお話しした通りです。

 

私もできる限りこのブログで情報をアップしていきますので
ぜひ参考にして実践していってください。

 

あなたが開業して、繁盛店になることを応援しています。

 

小林邦臣