l_210

小林です。

 

物件は粘りが大事と言われますが、本当にそうでしょうか?

 

まず、あなたが理想とする飲食店を具体化する必要があります。その具体化を頭の中だけで考えてしまう人がいますが、それではいつまたってもあなたが良しとする物件はみつかりません。

具体化ができていないとずっと迷う事になるし、
私も経験があるのですが、仮に物件が見つかったとしても
ここでやるという踏ん切りがつかないです。

そうすると、ズルズル1年、、、2年と過ぎていってしまいます。

 

あなたの大切な時間を短縮するためにも是非紙に書いていってください。
そうすると、どんな飲食店なのか想像がつきます。

 

例えば

・広さはどのくらい必要か?

・1階がいいのか空中階がいいのか?

・2階でも占有階段があったほうがいいのか?

・地下でもいいのか?

・スケルトンがいいのか居抜きがいいのか?

などなど

考え付く限り紙に書き出していってください。

 

そうすると、あることがわかります。

 

「俺(私)ってこういうお店でこういう広さでやりたいんだ!」

 

他にも気づくことがあります。

 

それは、あなたがやろうとしている業態によっては
必ずしも1階でなくてもいいこともわかると思います。

 

一般的に1階は一番家賃が高いです。

 

なので、まずはあなたがしたいお店の業態が先に決める必要があります。

 

大手チェーン店では、まずいい場所を押さえて
それから業態を考えていくようですが、普通の資本力では
難しくあまり現実的ではありません。

 

今まで、ラーメンをやっていて、

「この場所は焼肉だ!」

とは思わないし、そもそもやり方も
経営の仕方も違います。

 

なので、あなたがやる業態をベースに、賃貸条件を書いていくことを勧めます。

 

では、エクササイズしましょう。

ステップ1あなたの業態を決める。

あなたの業態で気をつけなければならないことは
分かりやすい業態である必要があります、

それはなぜかというと、例えば「たい焼きクロワッサン」
みたいに当たるか当たらないかわからない業態にしてしまうと
物件が絞り込みづらくなります。

なので、上記のようなテイクアウト主体のお店ならば、
ここでは分かりやすく表記しましょう。

 

ステップ2その業態が本当に必要な広さを書き出す。

これは、あなたのやりたい業態で、売り上げが簡単に立てられるだろうと思う広さです。

例えば、ラーメン屋なのに100坪の物件なんて無理ですよね!?
なので、より現実に近い広さを出す必要があります。

ステップ3その広さの階層は1階でなくてはいけないのか?

一階は非常に高額な家賃です。できることなら家賃を押さえて
出店したいですよね?

ここでは、あなたがやりたい業態、広さが本当に
1階でなければならないのか?を考えていきます。

仮に一階でなくても十分集客を見込める(既にお客さんを持っている)
などの起因があれば、空中階でもいいわけです。

以上になりますが、このエクササイズを是非やっていただき

あなたの理想とするお店の全体像が見えてくれば今度は
お金の話になります。

 

でもここがはっきりしないと店舗イメージができません。

頑張って書き出してください。

 

あなたが飲食店を開業して、さらに繁盛していくことを

応援しています。

 

今日もありがとうございました。

 

小林邦臣