5746-a-pile-of-mixed-fruits-pv 2

小林です。

 

現在、他の仕事をしていて
いつかは飲食店を開業したいと
思っている人は多いと思います。

 

全く違う業界から脱サラしての飲食店開業。

元々飲食店に勤めていてからの独立開業。

 

人ぞれぞれキッカケがあって、
第一の目標を飲食店の開業を目指している人
がいる訳なんですね。

 

でも、独立開業を目指していても
様々な障壁が待ち構えていて
実際に飲食店を開業できる人は
全体の2割程度なのです。

 

心に思う事は誰でもできます。

・いつかは飲食店を開業して
 子供達とのんびり田舎で過ごしていきたい・・・

 

・わたしの調理技術なら開業しても大丈夫だ・・・

 

・今の仕事で一時退職金がでそうだから
 飲食店を開業して充実した人生を過ごしたい・・・

 

このように思っている人は
世の中にどれだけ多い事だか・・・

思っているだけでは現実にはなりません。

 

未来を作る事はあなた自身の行動が大事になってきます。

 

「そんな事分かっているよ」

 

と思っている方が多いのは十分承知の上です。

 

一つ質問がありますが、
「あなたは自分の未来に対して
どのくらい具体的に想像できていますか?」

 

という事が一番大事だったりするわけなんですね。

 

自分の未来・・・

 

イメージできないで、
飲食店を開業しようとすれば
1年も立たずに廃業する事でしょう。

 

この先2年3年・・・10年と飲食店を続けていくためには
あなたの未来に対しての「セルフイメージ」を作る必要が
あります。

 

あなたのセルフイメージをあげる3ステップ

 

1、あなたが飲食店をやらなければならない理由?(楽しいイメージ)

 

2、本当に飲食店が好きで、どんなお店を想像しているのか?

 

3、飲食店を開業してまず初めにどんな事(遊び)がしたいか?

 

以上の3ステップを開業を志している時に
イメージしてください。

なぜセルフイメージが大事かといいますと、
この先色々な壁が必ずあります。

 

その壁を今考えたセルフイメージによって
打ち破る事が出来るからなんです。

是非意識して取り組んでくださいね。

 

あなたの頑張りを応援しています。

 

小林