fashion-916400_640

こんにちは

小林です。

 

 

飲食店を開業しようと
思って実際に色々な事を
進めていっている事だと思います。

 

でも、飲食店繁盛の鍵は
開業前でほぼ決まってしまう

という事を知っていましたか?

 

飲食店は物件が決まると
一気にスタートしなければ
開業までこぎつけられません。

つまりは物件ありきなのです。

 

物件が決まればそのままダッシュで
いままで温めておいた事を
一気にやっていきます。

 

私もそのような経験があるから
断言できるのですが、

飲食店繁盛の鍵は開業前にあります。

その中でも最も大事なのは
コンセプトと呼ばれるものです。

 

正直、料理が多少まずくても
コンセプトがよければ繁盛します。

サービスがあまり行き届かなくても
コンセプト次第で繁盛します。

 

そのぐらい大事なのがコンセプトです。

 

ここで誤解してしまうのは
料理ありきで考えて店を作ってしまう事です。

 

料理ありきでコンセプトを考えたら
繁盛店にはなりません。

 

料理や人にばかりコストを使ってしまい
肝心なお客さんに対してコストを
使わなくなってしまいます。

 

ここでよく考えていただきたいのですが
お客さんは料理を食べにもちろん来ますが
それ以外の事で来店しますよね?

 

それ以外の部分を考えだすのが
コンセプトです。

 

一つ例をあげますと

パスタをお店で出したいからと
パスタを軸にお店作りをしていったとします。

 

パスタを何種類も出さなくてはならないので
当然キッチンの設備にもお金が掛かります。

 

そしてパスタをいれる器にもこだわります。

例えば有名な高価なお皿(リチャードジノリなど)

万全な準備をしていざオープン。

 

でもお客さんはパスタしか頼まず
ドリンクは水。

有料の水を頼んでくれればいいですが
もっぱら注文が入るのは水道水・・・

 

当然客単価が上がりません。

 

このままだと運転資金も底をつき
開業したばかりなのに閉店になってしまう・・・

 

よくある話です。

 

ここでコンセプトという考えをいれてみましょう。

 

お客さんはなぜあなたのお店にくるのか?

・値段

・ボリューム

・雰囲気

・料理の味

どれでしょう・・・

 

これって大事な事が抜けていませんか?

 

誰に?

何を?

どのようにして?

という部分です。

 

まず誰に?という部分ですが
かなり大事です。

 

どんな人に来て欲しいのか?

主婦?サラリーマン?学生?

 

ここが決まらないと値段も決まらないし
当然メニューも決まりませんよね?

 

 

次に何を?という部分ですが
何をはパスタが入ると思います。
もう少し掘り下げてみましょう。

 

パスタを出すお店はいっぱいあります。

その中でどんな料理で差別化をしますか?

例えばパスタセットだったり、魚介のみを使ったパスタだったり

何かお客さんを惹きつける理由がありますか?という事です。

 

次にどのようにして?の部分ですが
どのようにして料理を提供しますか?

ワインなどを出してパスタも頼んでもらうか
それとも内装を豪華にしてレストランスタイルなのか。

 

どのようにあなただったら
お客さんにアピールするでしょうか?

 

正直ここまでが本や、他のコンサルタントが
説明してくれるコンセプトです。

 

ここからが本番ですが、
このコンセプトに少しだけ
新しさを加えてみてください。

 

今、これからのトレンドです。
その逆もありです。

 

この新しさを加える事で
あなたのお店が選ばれる理由が生まれます。

そして、細かいコンセプトと抱き合わして
お客さんに販売していけば満足度も上がりますよね。

 

このコンセプトが錬れるのは
開業前の作業だけです。

 

開業してからのコンセプトの変更は
かなりのハードルの高さです。

ぜひ開業前にこそ取り組んでください。

 

あなたのお店が開業し繁盛する事を
応援しています。

 

小林