こんにちは
小林です。

 

独立を決めていざ物件探しをしていると
たまに不動産屋さんから居抜き店舗を進められると思います。

あなたの中で居抜き店舗で開業はアリでしょうか?

 

居抜き店舗とは、以前何処かの誰かが既にお店をやっていて
なんらかの理由により、移転又は閉店する事により、
現在の店舗を売り払うというものです。

これって何か裏があるんじゃない??

と思うのはいいですが、もしかしたら掘り出し物の物件かもしれないのです。

 

それに初めての飲食店を開業をするのに
設備投資を少しでも抑えて浮いたお金を
運転資金に回していくと言う考えも懸命な考えです。

 

開業してすぐにお客さんがいっぱい来てくれればいいですが
もし来なかったら・・・

 

考えただけでも恐ろしいと思います。

 

それらを解消してくれる物件が
居抜き物件です。

 

不動産屋に居抜き物件がでていたら
まずは真っ先にやらなければいけない事があります。

 

それは、以前の店舗がどんな理由で退店をするのか?

 

と言う事です。

 

退店理由によっては、折角見つけた居抜き物件を
諦めなければならないです。

 

何故ならそこの物件で、売り上げがあまり上がらずに
退店しているならどんな業態でも同じ事が起こり得る
と言う事だからです。

 

「いや!自分は大丈夫!」

と思うのは人情です。

 

経営は人情で出来るほど甘くはありません。

 

それと造作が使えるものがあればいいですが
全く使えないと処分するだけでお金が掛かってしまいます。

 

いかかでしたか?

 

居抜き物件は、良いところと悪いところを合わせ持っているのですが
新規に開業を目指しているあなたにとってチャンスかもしれません。

 

頑張って下さい。

 

あなたのお店が開業し繁盛する事を
応援しています。

 

小林邦臣