こんにちは
小林です。

私の店舗は新規にポジショニングを
見直すことにより
復活をしました。
それまでは、本当にニッチな市場で
勝負しようとしていて
さらに周りのお店を見ては

「あんなお店の何がいいんだ!」

何て思っていました。
うちのお店の方が
マスコミに取り上げられて
凄いんだ!
と根拠のない自信がありました。
今思えば、なんて危ない経営をしていたんだろう・・・

 
と自分でもビックリしますが
当時は根拠のない自信で
自分自身を守ろうとしていたのでしょうね。

 

そんな強気な経営をしていたわけですが
ある日をキッカケに私の考えが変わりました。

 

その考えを用いるようになり
物事を客観的に見れるようになり
他の店舗がやっていることや
お客様の集客状態などが
気にならなくなりました。

 

 

それこそが

 

「ポジショニング」

 

です。

 

私の例を挙げますと
今まではフレンチという
カテゴリーで
勝負していました。

 

でもフレンチという
カテゴリーがニッチで
フレンチを好むお客様は
どちらかというと
リピーターになりずらい・・・

 

 

そこで、新規集客に目を向けて
販促をかけていきますが
中々経営が安定しない・・・

 

 

新規客を集客しようとすると
販促費も膨大に掛かってしまう。

 

やっと集客してもリピートにつながらない・・・

 

やればやるほど負の連鎖でした。
そこで考えついた事が

 

ポジションをずらす。

 

という事でした。

結果はリピーターも増えてきて
お客様の認識も変わってきています。
ここで付け加えておきますが
私は値下げによって集客をしていません。

 

仮に値下げをしても期間を決めて
販売をしています。
ポジショニングで
有名な例を一つお伝えします。
飲食業界で誰でも知っているお店
「吉◯家」と「◯き家」
テレビや新聞でも牛丼戦争みたいに
取り上げていますが
そもそも吉◯家と◯き家(◯◯ショウ)
のターゲットや
ポジションは同じなのでしょうか?

 

吉野家のターゲットは、
肉体労働者やサラリーマンです。

対してゼンショウのターゲットは、
ファミリーに近い層を狙っています。
それを裏ずける事として
まず、メニューが違いますよね。
吉◯家は牛丼を主体にしてのメニュー構成。

◯◯ショウはファミリーを狙って
牛丼や他のメニュー(ハンバーグやカレー)
の充実を図っています。

 

店内も違いますよね?

吉◯家はあくまでもターゲットに沿った内装。

 

対して◯◯ショウはファミリー向けに
4名がけのテーブル等を配置しています。
吉◯家と◯◯ショウは表向きでは
牛丼で価格競争をしているようで
ターゲットや自分たちのポジションが
違っています。

 

そして・・・
現在どちらの会社が業績を上げて
伸びているか

という事ですが
◯◯ショウ

の方が圧倒的に業績が上がっています。

いかがでしたか?

 

 

特に開業時にポジションを変えるだけで
圧倒的な強さに変わってしまう。

 

メチャクチャ強い戦略だと思いませんか?

 

あなたのお店で現在のポジションを
変えれるなら変えてみた方が
業績が一変するかもしれないですよ。