From: 小林 くにおみ

東京・恵比寿の事務所

2018年4月 曇り

あなたはこんな問題や悩みはありませんか?

 

 色んな販促法をやっているが結果がイマイチだ

 ネット集客をやりたいが何から手をつけていいのかわかない

 最近一度来店したお客さんが来なくなっている

 今年は売上をグングン伸ばしていきたい

 スタッフでもできる集客方法がないのか探している

 何か新しいことに取り組んで行きたい

 簡単にお客さんを集めて売上にしたい

なぜ悩みが尽きないのだろう…

その答えはお店が置かれてる状況にあります。

 

岐路に立たされる店舗業界

 

ビルの間でひっそり

今、店舗を構えて商売をしている業界は
大きな転換期に立たされています。

 

飲食店数減少、美容室減少、サロン減少
そしてコンビニも…ついに減少

日本中で店舗の数が減ってきています。

 

きっとあなたの業界でも
昨年までは営業していたのに
突如閉めたお店があると思います。

 

閉店したお店が味や品揃え、スタッフの態度
が決して悪かった訳でもありません。

 

なぜ急に店舗の数が減ったのでしょうか。

 

1番は理由は店舗の数に対して
お客さんの数が
激減したからです。

 

「そんなことはない!」
「お客さんは今まで通り来てるよ!」

 

という意見もあると思いますが
この先でそれも説明しているので
まずは読み進めてください。

 

攻め続けられる店だけが生存可能

あなたは「これからは景気がよくなる」
「株価上昇」という声を
もしかして信じていませんか?

 

信じているならかなりヤバイです。

 

なぜなら、今の経済の動きを考えれば今後
もっと悪化していきます。

 

マスコミ、お偉い官僚、コロコロ変わる大臣が
このまま我慢すればきっと景気が良くなりますよ

というメッセージを使って

私たちオーナーを騙しています。

 

事実をひた隠しにしている政府の言うことを
信じていると間違いなく今年中にあなたのお店は
シャッターを閉じて田舎に帰ることになります。

 

この事実に対して黙って見過ごしますか?

 

それとも経済や政治のせいにして逃げ回りますか?

 

あなたの人生を運任せにして過ごしますか?

 

先にやったもの勝ち

私は飲食業界の人間なので美容業界や
コンビニ業界のことをよく知りませんが
これだけは共通しています。

 

ビジネスの世界では何事も早く始めた方が
圧倒的に有利に物事を運ぶことができます。

 

先行者利益とよばれるものです。

 

今はインターネットを使うようになり
先行者にはなりづらいかもしれません。

 

がしかし…それはインターネットの世界だけです。

 

あなたが業界で一番、街で一番、地域一番…
なれるチャンスはまだまだあります。

 

周りの店舗が新しいことをやろうか
あたふたしているのを尻目に

 

「俺たちが先にやる!」

 

「お客さんが来店してくれるのを
待っているだけではいけない。」

 

このように危機意識がとても高い店舗は
グングンと業績を伸ばし続けています。

 

ニュージーランドでラーメン屋を経営

 

どんな時にも先に行動した方が
人生においても良い方向に進むことができます。

 

店舗経営に光が差す!救世主到来

 

現在、業績が良い店舗には“ある”共通点があります。

 

それは“あるツール”を使い
店舗側からお客さんに対して
営業を行っています。

 

そのツールとは
LINE@です。

 

 

初めて聞く方もいるかもしれませんが
LINEはスマートフォンアプリを中心に
無料で通話ができ、ゲームや音楽など関連サービス
も楽しめるコミュニケーションツールです。

 

LINEの魅力は何と言っても
ユーザー数の多さです。

 

2017年10月現在で
約7000万人が利用しています。

 

この膨大なLINEユーザーに対して
集客して売上をあげていきます。

 

私のお店はもとより私がコンサルをしているお店も
続々とLINE@を導入して売上を上げています。

 

売上が上がるのか毎日ビクビクした生活

今でこそコンサルタントとして
活動をしています。

 

が、

 

ほんの数年前までは集客に苦しむ
ジリ貧で借金だらけの店舗でした。

 

あなたはすでに知っているかどうかわかりませんが
東京の飲食店を個人で開業して数年で潰れないでも

済むのは全体の2割程度です。

 

大手企業やチェーン店だって莫大な資金を投じて
都内のところかしこにお店をドンドン作っていきます。

 

が…7年も間。

そこの場所に同じ業態が残っていることはありません。

 

あの手この手でなんとか集客をして売上に繋げようと必死です。

 

赤字続きの迷路で迷う

私のお店も開業から2年目からはどん底でした。

 

2年目も赤字経営。

 

3年目も赤字経営。

 

4年目も赤字・・・です。

 

4年目も終わりになり…

 

夜も眠れない毎日が続き
もうこのままだとヤバい…

毎日ビクビクしながら過ごしていた時
LINE@存在を知り取り組んでみたのです。

 

最初はなにをやっても上手くいかなく
試行錯誤の連続でした。

 

ですが“あること”に気づいてから
厨房に立つことなく、


銀行通帳をニヤニヤしながら
記帳する毎日に変わったのです。

とは言っても…

 

「それって小林さんだからできたんじゃないの?」

と思われるかもしれないので順番に説明します。

 

今は正直。

 

どの店舗も悪戦苦闘しているのが実情です。

 

話題の集客法になんとなく手を出す

お客さんに来店してもらう重要性は
とっくに理解しているけど
具体的にどのようにしていいのか分からない・・・

 

なので、お客さんからの電話を待っていたり、
ポータルサイト、話題のLINE@ に
とりあえず言われるまま登録だけしました。

 

こんな声が非常に多いです。

 

もう気づいていると思いますが
このノウハウはLINE@を使って
売上を上げていきます。

 

あなたのように興味があり登録はしてみたけど…

上手く活用ができていないそんな店舗ばかりです。

 

実は多彩な機能を兼ね備えている
LINE@ですが使う機能自体は
“あれ”と“これ”など以外に少ないんです。

 

元土木作業員でも使える

 

正直、このノウハウは一部の人しか知りません。

 

難しいパソコン操作も不要です。

 

基本的にスマホ一台で全てできてしまいます。

誤解を恐れずに言うと…

 

うちで働いている元土木作業員のスタッフでさえ
ガラケーからスマホに変えて1週間足らずで
使えるようになっています。

 

今ではお店出勤して
「予約が足らないな」と思ったら
スマホをズボンのポケットから取り出し
LINE@を使ってお客さんを集客しています。

 

手軽に始められるのが魅力

 

電話で怒鳴られ罵られる

 

誰でもできるのがLINE@のいいところなんですが
誤った変な使い方をしてしまうと
誤解を生んでしまうことがあります。

 

実際、私はこのノウハウの開発途中で
何度も電話で怒鳴られました。

 

お客さんに怒られたことを真摯に受け止めて
改良に改良を重ねていきました。

 

その甲斐もあって初めは反応が少なかった
LINE@登録者がどんどん増えていき
今ではたくさんの反応を出せるようになりました。

 

このノウハウは私だけなのかと思い
近くでお店を経営している友人や
現在コンサルを受けてくれている
クライアントのお店でも試してもらいました。

 

数か月余りで定期的に売上
上げられるようになっています。

 

相手が“人”なら使うことができる万能選手

 

あんなに嫌がっていた友人は今では

「今度はLINE@で違う使い方を教えて欲しい」
とまで言われています。

 

とても喜ばしい限りです。

 

そしてこのノウハウですが
飲食店での効果はもちろん折紙付きですが
店舗ビジネス全般で使うことができます。

 

理由は条件が同じだからです。

 

基本的に人を相手に商売をしているので
どうしたら来店してくれるのかの部分は
ほとんどが共通しています。

 

飲食店のノウハウだからとバカにしてると…

 

それぞれのお店に特徴があるのは
商品やサービスの違いだけで
お客さんは同じです。

 

このように考えると飲食店だけで
このノウハウを使うのは
勿体ないと思います。

 

そこで、同じ店舗をお持ちのあなたにもご紹介をしました。

 

飲食店のノウハウなんて使えないよ!

なんて言っているライバル店に
圧倒的な差をつけてください。

 

ご安心ください。

 

事例は飲食店ばかりでなく
後半にはお花屋さんやデンタルクリニック
美容室や整体院などの例も出しました。

 

これにより他の業界でも使うことができます。

 

コンテンツの作成

 

盗難、悪用、嫉妬を全て排除

 

この手紙を読んで私のお店やクライアントのお店を調べて
LINE@に登録して私たちのノウハウを盗もうとする方がいますが
これだけはハッキリ言わせていただきます。

 

やめた方がいいです。

 

仮に表面だけ盗めたとしてもすぐに壁にぶつかり
LINE@の仕様が変わるたびに右往左往することになります。

 

それにあなたがそのような方法で富を築いたとしても
待ち受けているのは不幸の人生だけです。

 

この手紙を読んでいる方は
そのように悪用する人はいないと心から信じています。

 

圧倒的なコンテンツ量

 

また、この「LINE@集客法」は
PDF形式の教材としてご提供します。

 

それと教材だけだと心もとないので
前に有料で開催したセミナーを動画にしたものを
特別に特典として動画「117分間」
お付けいたします。

 

なので、いま現在LINE@に対する知識がなくても
ステップ・バイ・ステップで学ぶことができます。

 

仮に登録画面が仕様が変更になっても
大丈夫です。

 

この教材の後半の部分だけしっかりできていれば
売上を簡単にあげることが可能です。

 

その方法を教材形式で伝授したいと思います。

 

教材の主な内容は以下のとおりです。

 

8つのチャプター

 

PDF173ページ分の概要です。

チャプター1:LINE@とはどんなものなのか?

1−1:他のSNSと違いダントツに多いユーザーの数…SNSを使った集客法は様々な方法があります。今流行っているからという理由だけで始めたのではあなたの貴重な時間と労力を奪い疲れさせてしまいます。客観的に見て本当にLINE@の方がこれから使い勝手がいいと理解を深めてください。

1−2:LINE@とLINEの大きな違い…知っているようで知られていないのがLINEとLINE@の違いです。何事も違いを理解した方が成果を出すスピードが早くなります。もうすでに知っているかもしれませんが今一度復習もかねて理解を深めていってください。

1−3:どんな業種が向いてるのか?…実際にLINE@が優れたツールだということは理解できました。あなたの業種では今後使う必要があるのか?不安だと思います。そのことを解説しています。LINE@がいくら万能とは言っても向く業種と向かない業種があります。まずは理解してください。

1−4:早い、コストがかからず、操作が簡単なライン…使い勝手が良くても運用コスト面などが重荷になりうまく稼動しなければ意味がありません。なぜ低コストで集客が可能なのかを勉強することで今後あなたがご自身でWEBマーケティングを行うヒントになること間違いなしです。意外に気がつかない盲点だと思いますので楽しみにしていてください。

チャプター2:LINE@を使うとどんなことが起こるか?

2−1:顧客維持ツールとして最適…リストビルディングとしてLINE@を使うことでインターネットマーケティングが簡単になります。もう一々エクセルや顧客ソフトに打ち込む必要はありません。これらを全てWEB上で管理すればよくなります。これだけでもあなたの手間は大幅に半減できます。

2−2:店舗とお客さんがつながるツール…LTVって知っていますか?日本語でいうと顧客生涯価値です。あなたの顧客が今後長きに渡ってあなたの商品を購入していくお客さんを大事にしないと経営が安定していきません。だから売ってください!とは言ってもセールスばかりしていても反応は上がりません。電話で話すのと同じようにお客さんとあなたがつながるツールとしてLINE@を使います。その方法を公開します。

2−3:ネットで集客する際、中心的な役割が可能に!…インターネットマーケティングは複雑で難しいと思いがちですがLINE@をうまく使うとLINE@を起点に様々な方法に使うことができます。これを他のツールで置き換えようとすると莫大なコストと労力がかかります。ぜひここを理解してさらなる集客ツールとしてお使いください。

2−4:店舗にとってなくてはならないインフラ…お店にとって必ず必要になる存在に今後なるのがLINE@だということです。電話やレジと同じようにLINE@を使い数々のハブ的な役割をすることができます。

チャプター3:事例集

現在公開できる範囲での事例です。もっと知りたい方は実践座談会にご参加ください。

3−1:国産赤身肉専門ステーキ屋
3−2:チェーン店がひしめく駅前にあるお好み焼き屋
3−3:厚切り牛タンを出す焼肉屋
3−4:これらの事例から分かること

チャプター4:LINE@を始める前する準備

4−1:上手に活用できない理由とは…LINE@を始める前にあることを初めに決めておかないと上手くいきません。手間と労力を考えると初めにこれを知っておいたほうが断然そのあとのスピードが変わります。

4−2:なぜLINE@を使う必要があるのか?…星の数ほどある販促方法の中でなぜLINE@を使うべきなのかを解説しています。なぜ?の部分が分かると今後のあなたの行動が天と地ほどの違いが出てきます。多くのお店はなんとなくLINE@を活用しているだけでなぜ使うのか?が明確でないので思い切った反応を叩き出すことができません。全ては根幹にヒントがあります。そのヒントを公開しています。

4−3:ビジネスの公式を理解する…ここから深く入り込んで行くことになります。あなたはビジネスの公式を知っていますか?もし知らないなら公式に当てはめて営業をしてみてください。これだけで売上をあげることができるくらい強力です。小手先のツールとしてLINE@を活用するのでなく包括的に必要なツールとして必要なのが理解できると思います。

4−4:LINE@に登録する(pc版)…現在の登録方法を書きました。これであなたでなくてもアルバイトでもパートさんでも登録することができるでしょう。

4−5:無料か有料どちらから始めるか…興味深いテーマだと思います。私がコンサルをしていて必ず聞かれるのが無料がいいのかそれとも有料の方がいいのかです。あなたが教材を見て迷わないように書きました。これであなたにあった方法を見つけられるでしょう。

4−6:初期設置で犯しがちな3つのミス…他人のLINE@をいくら見てもここからは絶対に見えない部分です。あなたは犯しがちなミスを避けることで大幅な時間を短縮することが可能になります。ミスを防止することでスピードが上がります。これでライバル店に差をつけてください。

チャプター5:友達集め

5−1:友達の数が全て…ここからがどのお店も悩んでいることです。友達の重要性をいち早く理解した方がその後の集客も楽になります。

5−2:友達の数を増やす最大のコツ…このノウハウを公開するのは正直最後まで迷いました。なぜならとても大事なノウハウだからです、購入してくれたあなただけには公開しているので迷わず友達の数を増やしていってください。

5−3:友達登録が増えない原因…LINE@を使い始め誰もが当たる壁です。ある一定ラインに来ると友達の数が増えなくなっていきます。その原因を理解することで大きく前進していきます。

5−4:多くの店舗が気にしている配信の頻度…これもセミナーなどではよく聞かれます。通常。私は頻度などは個別コンサル以外では話しません。と言うか、各々置かれている状況が番うのでこうすればいいとは言いづらいのです。とは言っても大体のデータはあります。このデータに基づきあなたがどの頻度で取り組めばいいのか細かく説明しています。

5−5:友達を集める3つの方法…友達の数を集めたいと言って多くの店舗は一つの方法だけしかできません。ここでは様々な視点から友達の数を増やす方法をレクチャーしています。

チャプター6:LINE@から始めるビジネスモデル

6−1:自店舗のコンセプト決める…小手先のノウハウでは絶対に知り得ないことだと思います。コンセプトはすべての根幹の部分です。いくら友達の数を集めてもコンセプトがしっかりしていなければ集客効果は半減してしまいます。そんなことがあるかもしれないのでこの教材ではあえて根幹部分であるコンセプトを説明することにしました。これで6割は解決します。

6−2:友達登録の促進(特典)…アイデアは人のアイデアを見たり読んだりした方が何よりも早いです。オファーは様々業種であるのであなたのお店あったオファーを探してみてください。全く違う職種のオファーをあなたのお店に使うことで他店舗との差別化もできるようになります。

6−3:新規よりもリピーター…集客を始めてやる人にとってとても大事なことを書いています。なぜ新規ばかりを追い求めてしまうのか、をとにかく早く理解しておいたほうがいいです。それらが腹に落としこんでからこの教材に取り組むことで安定経営に近づけます。

6−4:ザイオンス効果を使い効果を最大限にする…お客さんが何度も足を運んでくれるようにするには関係性が大事です。なぜ定期的にコンタクトを取る必要があるのか説明しています。

チャプター7:成果を出せる最大のコツ

7−1:対応次第で明暗が分かれる…あなただけでなくスタッフにも理解して対応力を身につけてもらわなければなりません。特にLINE@のお客さんはある癖があります。その癖を知りながら上手に対応することでグングン売上が伸びていきます。

7−2:ライバル店と比べて有利に運ぶには…LINE@は知名度も使っているお店も多いのでもしかしたらあなたと同じようなことを仕掛けてくる可能性があります。もし真似をされても大丈夫です。私が考案した方法を使えばライバルが簡単に真似できないレベルで集客が可能になります。

7−3:メッセージの作り方…LINE@はある機能と文章の組み合わせがとても大事です。これらの作り込み次第で大きく反応が変わっていきます。実はここのコツが理解できあなたはその通りに文章を作るだけで劇的に反応を上げることができます。その方法をこの教材を手にした方だけに公開します。もうこれで悩む必要は無くなります。

7−4:実はめちゃくちゃ大事-コンテンツの作り方…コンテンツと一言に言っても色々な方法があります。反応率が高い方法だけをあなたにシェアしますのでどれかあなたにあった方法を見つけて実践してみてください。

7−5:繁盛店も行っている値引きの方法…基本的に私は値引きに対して消極的です。しかしある条件のもと値引きをすると驚くほどの効果が立証されています。その方法をあなただけに公開します。これで利益を上げながら集客が可能になります。

7−6:迷ったらこれをやる…お客さんに行動を起こしてもらうのである仕掛けがないと行動してもらえません。一度決めた方法だけにしてしまうと1回目はいいんですが2回目、3回目とすぐに反応が無くなります。お客さんに来店してもらうのにあの手この手はとても必要です。とは言っても販促に慣れていないあなたがアイデアがぽんぽん出てくるとも思えません。なので、その方法をあなたにシェアします。

チャプター8:LINE@を起点に仕組み化

8−1:WEBマーケティングの考え方…LINE@はWEB系ととても相性がいいです。が、しかし上手にWEBと組み合わせないと集客の効果が激減していきます。大事なお客さんをライバル店に取られないためにもWEBマーケティングの強化はとても大事です。LINE@だけで集客しようとしてもすぐに飽きられてしまいます。包括的なマーケティングをどのように行うのかを解説しています。すぐに役立ててください。

8−2:スマホページ…LINE@はスマートフォンのアプリケーションです。なのでスマートフォン対策をしていないと効果が限定的になってしまいます。その方法をあなただけにシェアします。

8−3:これがでたら危険信号…LINE@はとても便利なツールです。が、しかし便利なだけに欠点もあります。事前に欠点を把握して危険のシグナルを誰よりも早く感知することで次の対策を考えることができます。その信号を解説しています。

8−4:中小企業(店舗)のリストビルディング…私たちのような中小規模のお店は顧客とどのように関わるかで大きく変わっていきます。そのカギとなるのがリストです、リストという言葉が好きか嫌いかでなくとても大事な概念です。ぜひ理解して役立ててください。

 

開催したセミナー風景

 

では、この教材購入費が気になると思います。

毎日「売り上げが欲しいな」と思ったら
スマートフォン片手に入力するだけで
軽く月商50万円、または年商600円以上の売上を
「新規に」構築できる方法を全てあなたに伝授するのです。

なので、

 

購入費100万円
としてもフェアだと思います。

 

「4人」のお客さんを毎日集めて、
教材に書いてある通りに仕掛けをすれば
客単価5000円でも4人に販売することも可能になります。

 

 

これを営業日数の25日間をかけると…

 

それで、50万円の売上です。

 

 

つまり、2ヶ月間「LINE@」で集客すれば
購入費100万円は完全にペイして
3ヶ月目からは完全なる利益です。

 

購入費の200%を軽く回収

ちなみに、私は1万円の商品(メニュー)を
LINE@で複数販売したことがあります。

 

なので、すでにあなたのお店にウリ商品を
お持ちの方であれば100万円の購入費が
安すぎると思います。

 

しかし、今現在ウリの商品をお持ちでない方は、
ウリ商品を探して売るにしても、
2回「LINE@」を集客するまでに購入費が
回収できないのは不安に感じるかなと思いました。

 

なので、教材購入費は様々なことを考慮して、

 

100万円でもなく…、
70万円でもなく…、
50万円でもなく…、

25万円に決定いたしました。

 

この購入費用であれば、
「4人」のお客さん集客して
5000円の商品を販売すれば2万円、

25日営業で50万円

つまり200%回収できます。

 

 

25万円を支払い、50万円の売り上げるという
他では有りえない購入費にしました。

 

30日間のメールサポート

もお付けします。

 

教材にはステップ・バイ・ステップで集客が可能なノウハウを
詰め込みました。

 

しかし、LINE@に登録して集客をするのは初めてだと思います。

誰でも初めて何かをやるときは小さなことで不安になったりします。

 

ですから今回集客に向けた準備段階(技術的なことを除く)で
分からないことがあったらすぐに相談して頂けるように
30日間の無制限メール相談を付けさせて頂きました。

 

リスクを完全に排除


25万円でも安すぎるかなと躊躇しながら、
この手紙を書き終えようとしたのですが、
もう一度、あなたの立場になり考えなおしてみました。

 

本当この教材通りに作って集客できるのかな?

 

半信半疑に思われていると思います。

 

「4人」だけお客さんを毎日集めて
教材通りに集客すれば
その不安は消し飛びます。

 

ただ、
「集客ができなかったらどうしよう…」
とあなたを不安にさせてしまうことは
私の望むことではありません。

 

なので、色々ことを考慮した結果
今回の教材購入費用につきましては

 

25万円でもなく…、
13万円でもなく…、
78,000円でご提供させていただきます。

173ページ分のPDF教材 だけでなく

通常25000円「LINE@動画(初心者〜チャプタ−6まで)」

プライスレス「30日間メールサポート」

この2つのプレゼントもお付けして
教材購入費が78,000円です。

 

これだけ充実した内容と、
このスキルを身につけることで
あなたが得られる結果を考えると
購入費は正直安すぎるかもしれません…。

 

失敗しようがないくらいの内容です。

あなたが売上が上がった時の喜ぶ顔が見れれば
それでいいと思っています。

 

私の気が変わらないうちに購入しておいてください。

 

教材を購入する3ステップ

購入方法はとても簡単です。
次のステップで行動してください。

■ステップ1:
下の「全てをマスターする!」と書かれたボタンをクリックすると
決済フォームにジャンプします。

決済が終了すると申込フォームにジャンプします。
■ステップ2:
申込みフォームに、お名前、電話番号など必要事項を入力
していただき送信ボタンを軽くタップしてください。

■ステップ3:
決済完了後に返信メールが届きますので
大切に保管してください。

教材一式があなたのメールボックスに届くので
すぐにLINE@集客を開始してください。

 

もしかすると

あなたは購入できないかもしれません

今回の教材は、誠に申し訳ございませんが、
同業のコンサルタント関連の方はご購入いただけません。

 

というのも、このノウハウが流出されてしまうと、
大変なことになってしまうからです。

 

今回はノウハウの流出をできるだけ避けるため
購入者がある程度の人数になった時点で
受付けを予告なく
締切ります。

 

もし購入ボタンクリックしても反応しなければ
受付けがすでに終了したのだと思ってください。

 

「周りの様子をみてから考えよう」と思い、
申込みを後回した結果、受付けが終了していても
扉が開くことはありません。

 

ビジネスの世界では成功のスピードと決断の早さは比例します。

 

決断の早い人ほど次から次に成功していきます。

 

今この瞬間に目の前にあるチャンスを逃して悔しい想いを
することがないように今すぐ購入する決意をして
下にあるボタンをクリックしてください。

 

                          小林くにおみ

追伸1:
未公開の
「失敗しようがないLINE@成功集客法」
を学びませんか?

 

私と、一部のクライアントしか知らない、
失敗しながら実践してきた集客方法です。

 

お店のコミュニティに所属したい!という
人間の根源的な欲求に働きかけて、
自然と人が集まってしまいます。

 

それだけでなく、あなたの持っている知識や
経験を、お金を払ってでも教えてほしい!
と言い出す人が次々に現れてくる。

 

結果的に売上が上がっていきます。

あなたの年収が1000万円
を超えるのは時間の問題となります。

 

追伸2:

教材の内容には絶対的な自信があります。

 

お伝えする内容をそのままマネしていただくことで
初心者の方でも
「失敗しようがないLINE@成功集客法」
を実践できる
すべてのステップをお伝えします。

 

一時的に稼いで次から同じ商品が売れなくなる
博打的なビジネスモデルではありません。

 

お客さんに喜んでもらいながら
WEBマーケティングに繋げていく
長期的に稼ぐことができるビジネスモデルです。

 

待っていてもお客さんは来ない

 

店舗型と呼ばれる飲食店、美容室、サロン
整体院、花屋…などのビジネスは
店舗の多さがネックになり
今や完全な飽和状態です。

 

何をやってもすぐに真似されてしまうため
新しいことをやり続けないと
お客さんに飽きられてしまいます。

 

あなたの今後の安定経営を実現するためにも
ご紹介した「失敗しようがないLINE@成功集客法」
をぜひ実践して売上に繋げてほしい、

と思っています。

                                                         

                                                                  

                                                                            

特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー