はじめまして。
コンフィアンス・マルシェ代表の小林と申します。

 

店舗型ビジネスは長引く不況の為に、価格競争を余儀なくされています。
今までは普通に店舗を構えればそれなりに集客できました。

しかし価格競争は利益を削り店舗を維持していかなければならない
徐々にあなたのお店の経営を圧迫してます。

「値下げをしないと集客できない!」という店舗経営者様がどれだけ多い事か、、、

結論から申しますと

「値下げして集客した顧客は、再び値下げをしないと来店しなくなります。」

価格でしかあなたの店舗を判断していないのです。

 

多くの店舗が本来の価格から値下げをして集客しようとしています。

店舗型ビジネスは立地商売と言われています。果たしてそうなのでしょうか?

誰が見ても立地が悪い場所で、お客様を集客できて繁盛しているお店もあります。

あなたのお店とどこが違うのでしょうか?

スクリーンショット 2016-02-16 20.11.06

徹底した他店舗との差別化をする事によりここに行きたい!」「食べたい!」と価値を感じて集客しています。

 

差別化をすると集客できなくなるのではないのか?
お客様が来なかったらどうしよう。。。

そんな声が聞こえて来そうなので先にお答えしますと

しっかりとした裏付ける、アル事をしていれば、仮に今の売上高であったとしても利益は最低でも2倍以上取れてしまいます。

スクリーンショット 2016-02-16 20.07.07
今後、あなたの店舗を差別化をしていかなければ、他のお店と同じに見られ価格競争の中でずっと店舗経営をしていかなければなりません。

そうなると開業から何年お店を続けられるのでしょうか?

3年、、、

5年、、、

それとも10年でしょうか?

残念ながら現在10年以上営業を続けられている店舗は全体の1割程度と言われています・・・

 

私はあなたにそうなって欲しくない!という思いでアドバイス、サポートをしています。

あなたは不思議に思いませんか?

なぜ価格競争が店舗では起こってしまうのでしょうか。

 

何が原因なのでしょうか?

理由は今までは同じジャンルの中

例えば飲食店では居酒屋やラーメン、イタリアンなどのジャンル
美容室では髪質改善などの美容室でも同じジャンルの中で
お客様を奪い合っていた為、価格競争になっていたのです。

 

下の図はそれぞれの業界を表したものです。

スクリーンショット 2016-02-16 20.06.53

業界トップが、圧倒的な売り上げ利益取っているのに対し、それ以外の店舗は集客自体も難しく、売り上げ利益、共にほとんど取れていないのが現状です。

 

あなたは知らない内に、価格競争、オリジナル商品、サービスを頑張って提供してお店の体力をずっと消耗させていたのです。

つまりあなたの業界で頂点に近い位置にいないと、この先価格競争の中にずっと巻き込まれてあなたの収益圧迫し続けていく事になります。

大きい三角形では頂点を目指している競合店が数多く存在しています。

競合店の中には大手企業やチェーン店も含まれており、頂点を狙っています。
人材、資金など諸条件の上でそれら競合店よりも、あなたの店舗が優位に立てるのでしょうか?

ピラミッドのトップに位置して売り上げ、利益共に圧倒的にアップさせるにはどのようにしていったらいいのでしょうか?

 

答えは、「あなたが競合店に優位に立てるポジション」を作っていけばいいのです。

あなたの独自のウリを見つけ、その独自分野でトップになる。

という事です。

ではどの様な方法で独自市場でトップになればいいのかという事ですが、私はWEB集客をオススメしています。

 

なぜ、WEB集客をオススメしているのか?

店舗ビジネスにおける顧客動向は、現在スマートフォンに代表される何らかしらのネット機器(デバイス)で自分に合った店舗を探して来店しています。

紙媒体に代表されるチラシよりも、今後WEBの集客に明るい店舗が安定的に売り上げ、そして利益も取れるという事になります。

実は店舗型ビジネスのオーナーはWEB苦手意識から、まともに集客しようとしていません。周りの店舗が取り組みが弱い時こそチャンスなのです。

そしてお客様は特徴のない商品サービスでは満足しません。

なぜ満足してくれないのでしょうか?

今までは、お店にメニューをのせるだけで来店してくれたお客様。

店舗を構えればお客様が向こうから来店してくれて、施述を頑張りサービスをすれば満足してくれて、又来店してくれていた顧客。

今は物やサービスが足らない時代ではなく満ちあふれている時代に変わったからです。

 

あなたもこんな経験があるのではないでしょうか?

東京のある駅に久しぶりに会う友人と待ち合わせ。

「今日はどこで食べようか。」
スマートフォンを片手にお店を探して、その場で予約の電話をしてるお客様。

美容室やサロンも同じですよね。

お客様は手軽に自分に合った情報をWEBで探しているのです。

さらに店舗ビジネスを悩ませている、もう一つの要因としてリピート化が挙げられます。

なぜリピートしないのでしょうか?

先ほどお伝えしたように顧客は他のいいお店などに流れています。

 

ボールに水を貯めている側から流れ出ている。

 

水の流れを防止する方法がある店舗とない店舗では、今後の店舗経営に大きな差ができるでしょう。

どのようにしていけばいいのかという事ですが、新規客はWEBで集客。

WEB集客は一度回りだすと半自動化が出来てしまうので、
あなたは新規客を必要以上に追い求める必要がなくなります。

そしてリピート。

具体的な方法としてはメールマガジン、ニュースレターお礼状、DM、LINE@などでリピートを促していきます。

スクリーンショット 2016-02-16 20.07.24

新規客を獲得するコストよりもリピートにかかるコストの方が6分の1程度で済む為、利益効率の面から見ても絶対やっておいた方がいいです。

このサイクルができれば、後は売り上げの最大化を考えていけばいいのです。

こうして安定的な店舗経営が可能になります。

 

差別化の第一歩といえる商品の部分。

しかし、お客さんに知ってもらわなければ来店はしてくれませんよね。

WEB集客をやりたいんだけどどうしたらいいのか分からない!

そんな飲食店美容室など店舗型ビジネスを経営されているオーナーさんにぜひ読んでいただきたいと思っています。

もう価格競争したくない!、と思っていて、今後のWEB集客の可能性を感じているあなたに向けて、無料でお伝えしているメールマガジンにご登録ください。

ご登録はこちら